ライター
旅丸sho 旅する経営者

2013年より世界一周を開始。2年で帰国し社会復帰の予定が旅を終えることができず現在7年目に突入。ブロガー、ライターを経て旅の途中にBackpackers Productionの経営に参画する。今年ジョージアにて起業。『旅人が増えれば、世界が変わる』を理念に旅人育成企画“タビイク”を開催する。

そんな時は「あ〜…ここのラウンジはあんまりだったなぁ…次のラウンジに期待しよう!」ぐらいの気持ちでいましょう。決して損をした訳じゃないですからね!

 

旅丸shoオススメの世界のラウンジトップ3!!

4060722866_88ab1a2ffb_z

photo by Kentaro IEMOTO@Tokyo

僕は2年3ヶ月の旅を通して数え切れない程ラウンジを利用してきました。ガラパゴス諸島のラウンジまで利用したラウンジ大好き旅人です。その僕がもう一度ここを利用したいと思うラウンジをランキング形式で紹介させていただきます。

 

第3位

南アフリカ共和国 ヨハネスブルグ Johannesburg O.R. Tambo国際空港

ここの空港のラウンジには二度お世話になりましたが、お酒の種類の豊富さがものすごいです。ありとあらゆるリキュールが取りそろえられており、どんなカクテルでも作れてしまう。

食事はサンドイッチなどの軽食がメインになりますが、照り焼きチキンなどが挟まれているしっかりしたサンドイッチもありました。カップケーキやチョコレート、クッキーといったお菓子類も豊富です。

 

第2位

ジャマイカ モンテゴベイ Montego Bay Sangster国際空港

ジャマイカのリゾート地モンテゴベイの空港にあるラウンジではお寿司を食べる事ができてしまいます。もちろん日本のお寿司とは異なりますが、海苔も寿司酢も使われているので味は非常に美味しいです。

バイキング形式で取り放題なのでいくらでもお寿司を食べれてしまうんです。しかもお酒好きな方には朗報があります。

ここの空港のお酒は自分で作るのではなくバーテンダーの方が作ってくれるんです。「マスター、オレンジジュースを使った甘いカクテルを一杯頂戴」なんて事を言ってみるのも良いかもしれませんね。

 

第1位

韓国 ソウル Seoul Incheon国際空港

第1位は日本のお隣韓国の首都ソウルの国際空港です。ここの魅力はラウンジで韓国料理をビュッフェ形式で食べれるというところです。キムチやナムル、チゲなんかも食べる事ができました。

さらに嬉しい事に、日本をはじめ世界中で大人気のインスタントラーメン辛ラーメンも食べ放題です。様々な国のラウンジを利用してきましたが、その国の料理をここまで提供してくれるラウンジはなかなかありませんでした。

 

プライオリティパスを使って快適に旅をしよう!

6436966443_4e2e991efe_z

photo by Holidayextras

プライオリティパスの魅力、充分伝わったでしょうか?僕はプライオリティパスを持っていない時にもバックパッカーをしていました。長いトランジットを固い椅子でずっと待ち続けないといけなかったり、お腹が空いても空港内での食事は高いので我慢していたりと色々ストレスを抱えていました。

 

しかし、今ではプライオリティパスを持っているおかげで、トランジットが長いフライトを選ぶ程になりました。それほどVIPラウンジは快適ですごしやすいんです。ネット環境が不安定な地域であっても空港内のラウンジでは快適に使える場合が多々あります。

是非皆さんにもプライオリティパスを使って快適に旅をしていただきたいと思います。オススメのラウンジがあったら教えてくださいね。

 

↓↓世界一周ブログ「旅丸」で色んな国の旅情報を見たい方はこちらから↓↓

shoblog

ライター
旅丸sho 旅する経営者

2013年より世界一周を開始。2年で帰国し社会復帰の予定が旅を終えることができず現在7年目に突入。ブロガー、ライターを経て旅の途中にBackpackers Productionの経営に参画する。今年ジョージアにて起業。『旅人が増えれば、世界が変わる』を理念に旅人育成企画“タビイク”を開催する。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング