writer
Natsumi ファッショントラベルライター

ロンドン留学時にヨーロッパをバックパッカー旅しました。帰国してからはファッションの仕事をしていて、今は"旅先でも目立ってなんぼ"をモットーにいつでもおしゃれを楽しむことを忘れずに旅行をするようになりました。ファッショントラベラーとして、"見て読んで楽しい記事"をお届けします!

3:辛い時は成長している時よ。

photo by Natsumi

It is always painful when you are growing up.

これを言われた時はちょうどホームシック期間に入りたてくらいだったので、見透かされた気がしてちょっとどきっとしました。

→3/5うなずき+びっくり。★★★☆☆

 

4:シワが増えることは素晴らしいこと。恥じることじゃない。

photo by Natsumi

You are afraid of getting old because of wrinkles? Even though your smile makes wrinkles?

これは、日本人って年齢を言うのを嫌がる人が多いんだよって話をしていた時に言われた言葉です。”シワもあなたが生きた証でしょ、シワを恥じるということは人生を恥じるということだからやめなさい”と。…その通りですよね!

 

日本人はアンチエイジングな思考が強いけれど、海外だと逆に若い子は大人に見られたい。など、アダルト思考が強かったりするのでカルチャーがちょっと違います。

日本の男性が若い女の子が好き好きと言わなかったら女性ももっと歳をとることを楽しめるんじゃないと、生意気に思った20歳のわたしでした。

→5/5うなずき。★★★★★

 

5:こんな歳じゃもう遅いと思ったら、その時にすぐやらないともっと遅くなるだけよ。

photo by Natsumi

If  you think it’s too late you should do it right now before it will be later.

これには、もはや頷くしかなかったです。悩んでる間にもどんどん時間は過ぎていく。それなら、なるべくはやく踏み出した方が人生はもっともっと有意義なものになるはずだと思います。

→10/5うなずき。★★★★★×2

 

みなさんにも当てはまる名言があったでしょうか?ちなみに、シスターたちが飼ってた猫ちゃん、アンドリューくんにもホームシックの時にはずいぶん支えられたのでした。

そんなこんなで、英語の練習という勝手な動機のおしゃべりがホームシック期を乗り越えさせてくれたおかげで、そのあと帰国するまで一度もホームシックにならず、ロンドンが大好きで仕方なくなりました!素敵な出会いに感謝しています。

 

writer
Natsumi ファッショントラベルライター

ロンドン留学時にヨーロッパをバックパッカー旅しました。帰国してからはファッションの仕事をしていて、今は"旅先でも目立ってなんぼ"をモットーにいつでもおしゃれを楽しむことを忘れずに旅行をするようになりました。ファッショントラベラーとして、"見て読んで楽しい記事"をお届けします!

RELATED

関連記事