ライター
morinohinako Go with the flow.

Writer / Editor. 制作会社で特産品のPRに関わる仕事をしながら、好きなことを見つけては記事にしています。沖縄の離島、九州と東京を行ったり来たり。おいしいもの、美しい自然があるところなら、どこでもかけつけます。旅をすればするほど、愛のある記憶が増えていく。だから私は旅を続けています。

雨の音を聴きながら、革をつかったクラフトの時間


続いて向かったのは、革製品のクラフト体験ができるお店。

このお店では、自分でつくりたいものを選び、生地やデザインを考えてつくることができます。私は、ベトナムのお金を入れるお財布を、簡単につくれる設計でやってみることに。

ひたすら、ひと針ひと針、チクチクと縫っていく時間。ときどきお店の人が見てくれて、間違っていると直してくれました。


雨の音がポタポタとする中、自分の手元に没頭したり、友人と話をしたり、応援しあったり。外が暗くなっていたのにも気がつかないほど集中し、手作りのお財布ができました。


1時間や2時間で完成するものだと、あとあと使わなくなってしまうものが多いと思うんです。でも、雨だし急がない旅だからと時間をかけてつくったこのお財布は、今でも旅の時にお供にしている大切なものになりました。

旧市街をお散歩して、ハーブティーで一息


再びお散歩の時間。雨があがっているタイミングを見計らって外に出ると、しっとりとした雨露とホイアンの街の彩りがいい雰囲気に。

屋上に上がれるカフェがあるというので、行ってみました。Mót Hội Anは、レモングラスなどベトナムのハーブをいかした冷たいハーブティーのお店。入り口のお花が綺麗で、自然と引き寄せられていってしまいます。


屋上からは、視界が開ける気持ちのいい眺めが。こんな雨季のベトナムもいいな、また今度は夏にも来てみたいな、そんなことを思いながらゆっくりと過ごすことができる場所でした。

■詳細情報
・名称:Mót Hội An – Trà thảo mộc & Sả chanh
・住所:150 Trần Phú, Phường Minh An, Hội An, Quảng Nam, Vietnam
・地図:

お天気に合わせる旅も悪くない


つい旅に出ると、晴れの日の方がいいなって思いがち。でも、自分で行き先も過ごし方も決められるのだから、お天気に合わせて行き当たりばったりで過ごすのもいいなって、雨季のベトナムを旅して思いました。

自由気ままな雨季のベトナム旅。みなさんもぜひ行ってみてくださいね。

All photos by Hinako Morino

ライター
morinohinako Go with the flow.

Writer / Editor. 制作会社で特産品のPRに関わる仕事をしながら、好きなことを見つけては記事にしています。沖縄の離島、九州と東京を行ったり来たり。おいしいもの、美しい自然があるところなら、どこでもかけつけます。旅をすればするほど、愛のある記憶が増えていく。だから私は旅を続けています。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング