ライター
ワクワク追求夫婦 旅と日常の文筆家/南の島研究家

「旅と日常の文筆家」「南の島研究家」として、フリーランスとしてライティング中心に仕事をしております。 経歴をザクッと書くと、中学校の先生→夫婦で世界一周→旅するフリーランスとなりました。 「ワクワクに素直に生きる」がモットーです顔が南の島っぽいです。ライティングのお仕事受け付けております。詳しいことは、ホームページからご確認くださいませ。

旅先での再会の効果と魅力3選

photo by pixabay

さて、実際に僕たち夫婦が果たした「再会」の実例を紹介したところで、「旅先での再会の効果と魅力」を3つご紹介したいと思います。

 

旅人同士の絆がさらに深まる

photo by pixabay

旅先での「出会い」が旅の魅力の1つだとするならば、旅先での「再会」はその喜びが倍になる瞬間です。

「世界での再会」という特別な出会いを果たすことによって感じた喜びは、「旅人同士の絆」をより強固なものししてくれること間違いなし。「再会」は旅人同士をより深く、強く、結びつける魅力を秘めているのです。

 

自分が旅してきたことを再確認できる

photo by pixabay

「再会」から得られるもう1つの効果として、「旅の軌跡が確認できる」こともあげられます。

普段は次の旅先や、明日の宿の確保など「先の予定」について考えることが多い旅。そんな中での「再会」は僕たち旅人に、過去の旅を振り返る機会を与えてくれます。

「あの時宿でこんなことがあったよね」「別れたあと、違う国でこんな素敵なことがあって」。普段はなかなか振り返らない過去の旅を、お互いの旅の思い出話が振り返らせてくれるのです。

 

振り返り、自分の旅を再確認することで、紆余曲折ありながらもお互いちゃんと旅をしてきたことを確認し、自信が生まれ、次の旅に繋げられる。「再会」にはそんな良い循環をもたらしてくれる素敵な効果もあるんです。

 

「再会」の約束が旅を頑張る原動力に

photo by pixabay

旅中はいいことばかり起きるわけではありません。移動が億劫になったり、旅を辞めたくなったりすることも起きるもの。そんな時、違う国での「再会」の約束があれば、それが原動力になることもあるんです。また、偶然の「再会」でテンションがあがれば、旅はさらに加速します。

初めての出会いでは得ることのできないそんな効果があるのも「再会」の魅力の1つ。旅先では、「再会」が大きなイベントになるんです。

 

旅人との再会だけじゃない!日本の友人や家族とも再会!

photo by teriyaki

今回は、旅人との「再会」に焦点をあてて書いていますが、旅中の再会はそれだけではありません。日本で仲良くしていた友達と「再会」したり、職場の元同僚、お世話になっている人、家族が旅先まで旅の応援に来てくれたりすることも。

僕たち夫婦も、世界一周中に日本の友達や元同僚、家族やかつての留学先の先生との「再会」を経験しました。これもまた最高の時間で、「旅人との再会」とは違った魅力があるんです。

気心しれた人たちと、日本とは違う環境で、同じ時間を共有する。そんな素敵な「再会」もぜひ旅の中で経験して欲しいことの1つです。

 

旅先での再会で人間関係が深く広くなる

photo by pixabay

今回は旅先での「再会」に焦点をあてて、その魅力を記事にしてみましたがいかがだったでしょうか?

旅先での「再会」は旅を盛り上げ、人間関係を深める効果がある、「旅の人間関係作り」には欠かせないもの。

これから旅に出ようとしている方も、すでに旅中の方も「再会」に焦点をあててみると旅がさらに面白くなること間違いなしです!ぜひ、この記事を参考に「旅先での再会」を企ててみてくださいね!

 

ライター
ワクワク追求夫婦 旅と日常の文筆家/南の島研究家

「旅と日常の文筆家」「南の島研究家」として、フリーランスとしてライティング中心に仕事をしております。 経歴をザクッと書くと、中学校の先生→夫婦で世界一周→旅するフリーランスとなりました。 「ワクワクに素直に生きる」がモットーです顔が南の島っぽいです。ライティングのお仕事受け付けております。詳しいことは、ホームページからご確認くださいませ。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング