ライター
久野 華子 体当たりで異文化を吸収する

「体当たりで異文化を吸収する」をモットーに、300日の世界一周で40ヶ国に滞在。得意の英語を生かし70を超える国籍の人と交流。 リアルでディープな異文化交流体験やローカルな旅情報、女子パッカーならではの経験、旅先でのエステやおしゃれ、スキンケア、コスメなどの情報をシェアします。

もしサッカーができるなら、ぜひ地元の人とサッカーを!言葉要らずのコミュニケーションが楽しめます!

 

5. 親日で日本人というだけで興味をもってもらえる

親日で日本人というだけで興味をもってもらえる

photo by shutterstock

日系移民の地位が高く、大の親日国として知られるブラジル。日本語を勉強している人も多く、日本語で話しかけられる事も。

レストランでご飯をたべていたら「ハポン?ハポン?(日本の意味)」と聞かれたり「一緒に写真をとって」といわれたり…日本が大好きな様子が伝わって来て嬉しい気分になります。

 

6. 素晴らしいアートがたくさんある

素晴らしいアートがたくさんある

photo by shutterstock

アイスのようなユニークな形をしたカテドラル・メトロポリターナは、ステンドグラスが非常に綺麗な教会。また「死ぬまでに行ってみたい 世界の図書館 15」にも選ばれた幻想図書館は必見。まるでハリーポッターのような空間を楽しめます。

ポルトガルの植民地時代に作られた、タイルのアートも有名です。道路施された波の形をしたアートはリオの象徴となっています。

 

7. イベントが多く毎日がパーティ

イベントが多く毎日がパーティ

photo by shutterstock

ブラジルの首都ブラジリア、経済の中心地サンパウロに対してリオデジャネイロは文化の中心地。リオはブラジルのハートだといわれるほどです。W杯の決勝やオリンピックなど、ブラジルで開催される重要なイベントは大抵がリオで行われます。

加えてリオっ子はパーティ好きでも知られており、毎日どこかでパーティがあります。私はカーニバルのシーズンにリオに滞在したのですが、連日昼夜関係なくあちこちでパーティやダンスが繰り広げられ最高でした。

 

まとめ

最初は怖々訪れたリオ。筆者はすっかりその魅力にはまってしまい、予定を変更してもう一回リオを訪れたほどでした。イメージに囚われず、ぜひ一度リオを訪れてみてください!

ライター
久野 華子 体当たりで異文化を吸収する

「体当たりで異文化を吸収する」をモットーに、300日の世界一周で40ヶ国に滞在。得意の英語を生かし70を超える国籍の人と交流。 リアルでディープな異文化交流体験やローカルな旅情報、女子パッカーならではの経験、旅先でのエステやおしゃれ、スキンケア、コスメなどの情報をシェアします。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング