ライター
新田 浩之 フリーライター

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

首都ブカレストから2時間30分でアクセスできるブラショヴ

Photo by Nitta Hiroshi

最後に紹介するのは国内で最も有名な都市、ブラショヴです。ブラショヴのポイントはブカレストからのアクセスがいいこと。列車で約2時間30分、しかも本数が多いため時刻を気にすることなくアクセスできます。シビウからは列車で約4時間です。

Photo by Nitta Hiroshi

ブラショヴで最も有名な観光スポットはブラン城ではないでしょうか。ブラン城はブラショヴ旧市街からバスで約1時間です。

ブラン城はドラキュラ城の愛称が付けられていますが、ドラキュラのモデルとなったヴラド公はこの城には住んでいません。とは言っても、雰囲気は今にも映画に出てきそうな独特な雰囲気が漂っています。

Photo by Nitta Hiroshi

城内は迷路のようになっており、とてもわかりにくいです。また、窓が小さいのもブラン城の特徴。なかなか興味深い城ではありますが「ここには住みたくないなあ……」というのが正直な感想です。

Photo by Nitta Hiroshi

こちらがブラショヴ旧市街の中心です。ここでもドイツ風の建物が目立ちます。ブラショヴもドイツ系住民が建設した都市。

農民であったルーマニア人が都市に入れたのはトランシルヴァニアがルーマニア領になった後だと言われています。

Photo by Nitta Hiroshi

ブラショヴではロープウェーを使って山に登ることができます。山から見るとヴラショヴが盆地のような場所にあることがよくわかるでしょう。おそらく、冬はとても寒いと思います。

ルーマニアの治安は大丈夫?

よく「ルーマニア」と言うと「治安は大丈夫?」という答えが返ってきます。私は10日ほどルーマニアにいましたが、特に危険な目には遭いませんでした。

『地球の歩き方』に「要注意」と書かれているブカレスト北駅の構内にもいましたが、他のヨーロッパのターミナルと変わりません。それでも、一般的な注意は心がけたほうがいいと思います。

問題は人よりも野犬かもしれません。11月でも、街中で野犬がうろついていました。幸い私は野犬に囲まれるという経験はしませんでしたが、友人は首都ブカレストの路地裏で野犬に囲まれ怖い思いをしました。心配な方は犬を撃退するための超音波装置を持参することをおすすめします。

ライター
新田 浩之 フリーライター

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング