ライター
新田 浩之 フリーライター

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

なおベッドの場合、上段と下段で値段が異なりますのでご注意ください。寝台車を利用する際は、下段をオススメします。

 

4. 少々面倒なオンライン登録

ロシア新4

Photo by pass.rzd.ru

切符を購入するには、ロシア国鉄内に自分のアカウントを作成する必要があります。アカウント作成は簡単です。写真に書かれている項目を普通に記入すればいいのです。なお、2回目以降はこの作業はありません。

 

5. いよいよラストスパート

実験

Photo by pass.rzd.ru

自分のアカウントを作成すれば、いよいよラストスパート。このページで最終的に自分の個人情報を記入します。ここではパスポート情報が必要なので、パスポートをそばに用意しておきましょう。

このあとはクレジットカードの情報を記入して、クレジットカード決済になります。私が確認したところ、少なくともVISAカードとMaster Cardは使えるようです。

 

6. EメールでEチケットをゲット

6ロシア

Photo by 新田浩之

全ての作業が終わると、自分のアドレスにEチケットが送られてきます。Eチケットの下にはバーコードがありますので、チェックしましょう。

このEチケットはウラジオストク発ハバロフスク行きの夜行列車のチケットです。緑色の部分「Coach」が号車番号です。この場合は「01」と書かれているので、号車は「1号車」になります。青色の部分「Seat」は座席・ベッドの番号です。「005」と書いてあるので、5番ベッドです。

P7073074
Photo by 新田浩之

それぞれの部屋横にはこのようにベッド番号が表示されています。分からなければ車掌さんに聞いてみましょう。

 

最後に

今回はロシア国鉄のホームページを通じて、実際に切符を購入した私の経験に基づいて記事を作成しました。今後、何かしらの変更も考えられますので、購入できなければ旅行会社などに確認してみましょう。

ライター
新田 浩之 フリーライター

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング