ライター
新田 浩之 フリーライター

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

オンラインビザについて

Photo by 新田浩之

2017年8月からロシアの一部地域を対象にオンラインビザが始まりました! つまり、専用のサイトからアンケートを記入し、写真を貼り付け提出。そして、メールで送られる電子ビザ発給通知を受け取り、スマートフォンに保存して係官に見せればOKです。

もちろん、料金は無料です。ただし、オンラインビザにはいくつかの条件があります。

・入国予定日の4日前までにこちらのサイトにあるフォームに記入すること。
・オンライン適用地域は5地域のみ(沿海地方、ハバロフスク地方、サハリン州、チュクチ自治管区、カムチャッカ地方)
・入った地域のみ旅ができる(沿海地方から入ったら沿海地方のみ)
・滞在期間は最大8日

 
また、2018年5月現在、オンラインビザに対応している国境ゲートは以下のとおりです。

ウラジオストク空港、ウラジオストク港、ポシエット港、ザルビノ港、ペトロパブロフスク カムチャツィキー港、コルサコフ港、ポグラニーチヌイ駅、ハサン駅、マハリノ駅、ツリー ロッグ(道路)、ポルターウカ(道路)

 
今年度は稚内~コルサコフ間のフェリーは運航されませんから、事実上、日本からオンラインビザで訪問できるのは沿海地方(ウラジオストク)のみとなります。今後、ウラジオストク以外の空港でもオンラインビザに対応するでしょう。

 

ロシアビザ&ロシア旅行をする際の注意点

Photo by 新田浩之

ロシアビザに関する情報は頻繁に変わります。必ず、ロシアビザを取得する際には在日ロシア連邦大使館のホームページをチェックしましょう。ビザさえ取得すれば、いよいよロシア旅行のはじまりです!

ライター
新田 浩之 フリーライター

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング

EVENT

イベント一覧