ライター
桃(Momo) TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

山田裕貴

山田裕貴

1993年生まれ。埼玉県出身。早稲田大学卒業。大学時代は友人達とフラッシュモブを行う団体を設立・運営していました。アフリカ縦断、0円ヒッチハイクなど様々な旅の形を体験し、大学を5年かけて卒業。現在大手旅行代理店に勤務。旅行会社の利を活かし、国内外問わず旅を続けています。

東チベットです。ラルンガルゴンパという外国人立入禁止区域に潜入したからです。

運が悪ければ中国の街まで強制送還。仕事があるので必ず帰国しなくては行けないけど、どうしても今行きたい。自身の運の強さを信じて有給を一気に使い突撃しました。

結果としてたどり着く事ができ、そこで見た憧れの景色はサラリーマンの日常を忘れさせる、非日常な景色でした。リーマントラベルは時間管理が大切なのであまりリスクは負わないという方もいるかもしれないですが、やはり旅にはスリルがないと!と再認識しました。

帰りの長距離バスで休憩が4時間なくて、少し漏らしたのも忘れられません。

小栗拓馬

小栗拓馬

大学の卒業旅行でイタリアへ。初のヨーロッパにとても感動しました。同時に、英語で様々な国の人と繋がることができると感じました。TOEIC965点を取得し、専門商社へ転職。「20代でヨーロッパ制覇」を目標に全ての休みをヨーロッパで過ごしています。毎日が世界と繋がっている生活を実現するために旅・仕事を楽しむリーマントラベラー。

イタリアです。ピサの斜塔を見に行く電車内で小さい子どもに理由は、パスポートを盗まれたからです(笑)

滞在期間が航空券の関係で決まっており、英語もまともに話せない状況だったのですごく焦りました。通訳は1日何十万とも言われ、さらに不安は増しました。そこで何とか自分で帰国用パスポートを発行してもらうしかないと思い行動。自分一人で警察に行き、盗難証明書をもらいました。

警察には「盗られるお前が悪い」と言われ、文化の違いを痛感しました。それと同時に大使館に提出する住民票などの書類を親からイタリアのホテルにFAXで送ってもらいました。それを持って、イタリア大使館に行き、帰国のみ使用できるパスポートを発行してもらい何とか帰ることができました。

 

海外は、日本と違って自分のことは自分でしなければならないと感じた体験であったため、非常に心に残ってます。これ以降、海外での自分の行動が180度変わりました。また、海外の考え方にも触れた体験だったのですごく貴重なものです。

星野佑介

星野佑介

幼少期をフランスパリで過ごしましたが、小学校四年生で帰国してからの15年間、ハワイ以外海外に出たことのない生活を送り、就職先にも日系コンサルを選びました。しかし、就活後初の東南アジア渡航をきっかけに旅の楽しさに目覚め、半年で25カ国を旅し、就職後も積極的に海外を飛び回るリーマントラベラー生活を送っています。

全ての旅が最高にアメージングなものだったので、順番は付けづらいのですが、強いて挙げるのであれば、今年のGWに行ったシンガポールーマレーシアへの旅です。

理由としては、
・大阪出張時に宿泊先で知り合ったマレーシア人の友人との再会
・東京での高校OB会で出会った先輩との再会
・2年前の台湾旅行時に知り合った友達とそのまた友達との新たな出会い
・社会に出てから計画しては頓挫してきた親友との旅が3度目にしてようやく実現

 

海外にいるとは思えないほど常時誰かと会っている旅は初めてで、国内外で自分が積極的に動いてきたことが繋がり合わさる感じが新鮮でした。そして、これら全て自分がFacebookで呼びかけたことがきっかけで実現できたので、案外やってみるものだなぁと思いました。

藤井 かおり

藤井 かおり

1977年生まれ。学生時代の海外研修旅行に資金不足で行けなかったことから海外へ強い憧れを持ち、就職が決まった時に友人のワーホリ先であるオーストラリアへ遊びに(飲みに)行ったのが初海外旅行です。就職したら海外旅行には行けないと思っての旅行でしたが、今はしっかりリーマントラベラーしてます。昨年40歳にしてバックパッカーデビューも果たしました(笑)

印象に残っている旅行先とはちょっと違うのですが…一時期働いて会社で、偶然海外旅行に行きたい人が集まってしまい、みんなで一斉に有給申請してインドネシア旅をしたことです。

みんな担当業務が違ったので実現できました。初海外だった人がお腹を壊して病院へ連れていくことになり、海外旅行保険の証券を確認しようとしたら、会社のデスクに入れたままとのことで、会社に連絡して証券番号を聞き出したのは今でも笑い話です。

 

今は同業ですが、みんな別々の会社で働いていて、今でも仲良く近況報告とお互いの旅バナをしあう仲です。その時まで、何とか有給を取得して海外旅行に行く人は自分の会社にいないと思っていたので、自信をもってリーマントラベラーを名乗れるきっかけになった出来事でした。

あっくん

あっくん

月に1回ペースで弾丸海外旅に出かける自動車業界のエンジニア。1988年京都府生まれで中高は男子校、大学では航空宇宙工学を学んだ後、1年に3回の9連休がある自動車業界に魅力を感じてエンジニアに。東海で4年過ごし、スキルアップを求めて関東へ転職。2週間に一度は飛行機に乗って出かけ、その他の休日はバイクやクルマで国内のゲストハウスを巡る旅大好き人間です。

土日だけを利用し、4万円以下の激安旅費で訪れたフィリピンのパラワン島です。 金曜日の夜に集合して、月曜日の朝に解散、出社というハードスケジュールでしたが、土曜日の朝にはフィリピン最後の秘境と呼ばれるパラワン島で美しい海で泳いでいました。

日曜日の夜の花火まで見て、夢のような島で過ごした丸2日間は忘れられません。

 

LCCセールを最大限利用して、航空券は乗り継ぎも含めて往復2.5万円。物価が安いフィリピンでは現地滞在費も1万円強。お土産や空港までの交通費も合わせて4万円以下でした。

先輩方は酸いも甘いも経験済み!


photo by shutterstock

普段ビル街に囲まれて仕事をしているサラリーマンたちだからこそ、息抜きの海外での体験は非常に貴重なもの。たった一つの体験が、その後の人生を変えてしまうなんて、やっぱり旅は素敵です。

 

旅と仕事の両立や、海外経験を仕事に活かす方法について心配なことがあったら、周囲にいるリーマントラベラーに声をかけるか、世界を旅した旅人のための就職・転職支援サービス「旅人採用」のカウンセラーに相談するのが効率的です。

 

自分一人で悩む時間も貴重ですが、より大切なのはやりたいことをできるだけ早く実現することです。そのために必要なのは、様々な成功例と失敗例の収集です。特に重要なのは、失敗から学ぶことですが、自分で失敗すると限られた数の失敗しかできないので、旅人向けの支援サービスは積極的に使ってみるべきです。

ライター
桃(Momo) TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング