ライター
桃(Momo) TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

山田裕貴

山田裕貴

1993年生まれ。埼玉県出身。早稲田大学卒業。大学時代は友人達とフラッシュモブを行う団体を設立・運営していました。アフリカ縦断、0円ヒッチハイクなど様々な旅の形を体験し、大学を5年かけて卒業。現在大手旅行代理店に勤務。旅行会社の利を活かし、国内外問わず旅を続けています。

フットワークの軽さ、思い切りです。安い航空券が取れそう、休みも取れそう、と判断したら思い切って予約してしまう事です。

もちろん突然仕事が入ってしまうこともあるとは思いますが、「また今度にしよう」などと尻込んでいたらなかなか飛び出せないのが社会人です。先に行くことを決めて、そこに向けて仕事を調節して行く事で仕事も効率的にしようという意識が芽生えると考えます。

 

直前で航空券をとって海外へ飛ぶ思い切りさも必要ですし、だいぶ先の航空券を取ってしまう思い切りさも重要です。無理して海外に行く必要はないですが、行きたいなら何としても行くという思いを持っていればスケジュールは何とかなる事が私は多いです。

小栗拓馬

小栗拓馬

大学の卒業旅行でイタリアへ。初のヨーロッパにとても感動しました。同時に、英語で様々な国の人と繋がることができると感じました。TOEIC965点を取得し、専門商社へ転職。「20代でヨーロッパ制覇」を目標に全ての休みをヨーロッパで過ごしています。毎日が世界と繋がっている生活を実現するために旅・仕事を楽しむリーマントラベラー。

海外が好きっていう気持ちだと思います。本当に好きなら他の予定よりも海外旅行を優先すると思います。

本当に好きなら仕事がどんなに忙しくてもスケジューリングして海外に行くし、お金だって他のことを切り詰めてでも海外旅行費用に当てると思います。

 

私は、リーマントラベラーを続けようと決意しているわけではなく、自然とリーマントラベラーであり続けています。今後もそれは変わらない自信があります。

それは何より海外の人、文化、景色、全てに触れることが大好きであり、それを自分の目で見て体験したいからです。大好きな気持ちは、何にも勝る才能だと思います。

星野佑介

星野佑介

幼少期をフランスパリで過ごしましたが、小学校四年生で帰国してからの15年間、ハワイ以外海外に出たことのない生活を送り、就職先にも日系コンサルを選びました。しかし、就活後初の東南アジア渡航をきっかけに旅の楽しさに目覚め、半年で25カ国を旅し、就職後も積極的に海外を飛び回るリーマントラベラー生活を送っています。

「旅が好き」という気持ちに尽きるのではないでしょうか。

これがなければ、限られた時間やお金を旅に使おうと思わないですし、逆に言えば、これがあるから他のものやことへの優先順位が自ずと下がるのだと言えると思います。

 

また、リーマントラベラーを「続けようとして続けているのではない」ということも大きいと思います。自分が心から楽しい、ワクワクすることに時間もお金も費やしている結果が、リーマントラベラー生活になっているだけで、もし他にこれよりも本当に楽しいことが見つかれば、自然とリーマントラベラー卒業なるでしょう(今のところその予感はありませんが!)

藤井 かおり

藤井 かおり

1977年生まれ。学生時代の海外研修旅行に資金不足で行けなかったことから海外へ強い憧れを持ち、就職が決まった時に友人のワーホリ先であるオーストラリアへ遊びに(飲みに)行ったのが初海外旅行です。就職したら海外旅行には行けないと思っての旅行でしたが、今はしっかりリーマントラベラーしてます。昨年40歳にしてバックパッカーデビューも果たしました(笑)

「旅に出たい」という気持ちを強く持ち続けることだと思います。

会社の都合で休みが取れないときもありますし、自分の都合だけではどうにもならないこともありますが、とりあえずフライトチケットを取ってしまうのもいいと思います。チケットを取ってしまったらあとは行くだけなので、休暇取得に合わせて仕事勧めるのみですから。

 

あとは帰国後に、一緒に仕事をしている人たちに感謝して時差ボケや遊びに疲れを見せないことです。

私の場合は大好きな海外旅行に行けたことの満足感でしばらくは普段よりモチベーション高く仕事ができるので、この点は問題ないです。モチベーションが下がってきた時が次の旅先を考えるタイミングになっています。

あっくん

あっくん

月に1回ペースで弾丸海外旅に出かける自動車業界のエンジニア。1988年京都府生まれで中高は男子校、大学では航空宇宙工学を学んだ後、1年に3回の9連休がある自動車業界に魅力を感じてエンジニアに。東海で4年過ごし、スキルアップを求めて関東へ転職。2週間に一度は飛行機に乗って出かけ、その他の休日はバイクやクルマで国内のゲストハウスを巡る旅大好き人間です。

一言でいうと「旅することを決めること」だと思います。人によって幸せの定義は違いますので、自分にとって何が大切かを徹底的に考え、それを最優先にして生きることだと思います。

私の中で人生を楽しく幸せに生きることは「旅をして自分の知らない景色や人と出会って視野を広げること」だと考えています。旅は仕事をしたあとのおまけではなく、旅を楽しくするために平日の仕事があると心から思っています。

 

旅することを一番の優先事項と決める、そのためにはどうすればいいかを考える。今では生活にメリハリがつき、仕事もうまくいくという好循環になっています。

旅を第一優先に、だから仕事も頑張れる!


photo by shutterstock
「旅」をすることが人生の一部になっているリーマントラベラーたち。その「旅」を実践するために、仕事をするという考えの人が多いみたい。とにかく航空券を取りその旅のために仕事を効率的に、そして自分がリフレッシュできるように、日頃から努めているんですね。

 

旅と仕事の両立や、海外経験を仕事に活かす方法について心配なことがあったら、周囲にいるリーマントラベラーに声をかけるか、世界を旅した旅人のための就職・転職支援サービス「旅人採用」のカウンセラーに相談するのが効率的です。

 

自分一人で悩む時間も貴重ですが、より大切なのはやりたいことをできるだけ早く実現することです。そのために必要なのは、様々な成功例と失敗例の収集です。特に重要なのは、失敗から学ぶことですが、自分で失敗すると限られた数の失敗しかできないので、旅人向けの支援サービスは積極的に使ってみるべきです。

ライター
桃(Momo) TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング