ライター
中山 陽南子 1年の交換留学を経験

夢は「アフリカに笑顔のきっかけを作ること」そのためにフランス・リヨンに1年の交換留学を経験。 夢を叶えたい、世界中を旅したい、大好きなファッションの仕事も続けたい。そんなわけで「やりたいことはぜんぶやる‼︎」をテーマに日々奮闘中です。 

 

一番の見所は抜群のファッションセンス!

サプールには、「一つのコーディネートに使える色は3色まで」というルールがあります。

シンプルなカラーなのに、こんなにも華やかに表現できるなんて、なんとも羨ましいファッションセンス。

 

そんなサプールに影響を受けた、イギリス人のデザイナーがいます。

 

yasuさん(@yasu_58)が投稿した写真 – 2016 2月 18 5:20午前 PST

そう、世界的に有名なデザイナー、ポール・スミスです。

2010年春夏のポールスミスのコレクションはサプールがインスピレーション源。ファッション界の大御所であるポールスミス「唯一無二」と言わしめた彼らのファッションセンスは本物!

 

サプールはコンゴの英雄

洗練されているのはファッションセンスだけではありません。

 

ryoさん(@ryo3o)が投稿した写真 – 2016 3月 23 8:07午後 PDT


サプールは流暢なフランス語を話し、教養を身につけ、独自の倫理観をもっています。ときには、月収数ヶ月分を1着のスーツにつぎ込むことも。

しかし、ただファッションに強いこだわりがあるだけではないんです。

 

「武器を捨てて、エレガントな装いをしよう」

 

世界一服にお金をかける男たちは、世界一平和を願う男たちでもあるのです。

 

平和の実現に武力はいらない

今回来日するセブラン氏は「服こそ己を表現する最強の武器だ」と言います。

一見、派手な格好をして陽気に振る舞うサプールですが、貧困や内戦をくぐり抜けてきた苦労者。

 

どんなに困難な状況におかれても、自身の倫理観に従って、強い意志を貫くサプールは正真正銘のジェントルマン!

ぜひこの機会にサプールの世界に浸ってみてはいかがでしょうか!

 

■ THE SAPEUR -コンゴで出会った世界一おしゃれなジェントルマン-

期間 : 3/29(火)-4/10(日)

10:00-21:00(日・祝は~20:00/最終日は~17:00)*入場は閉場の30分前まで

場所 : 西武渋谷店A館7階特設会場
料金 : 500円

ライター
中山 陽南子 1年の交換留学を経験

夢は「アフリカに笑顔のきっかけを作ること」そのためにフランス・リヨンに1年の交換留学を経験。 夢を叶えたい、世界中を旅したい、大好きなファッションの仕事も続けたい。そんなわけで「やりたいことはぜんぶやる‼︎」をテーマに日々奮闘中です。 

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング