ライター

はじめまして、ライターのタクローです!自転車で旅を企んでいる理系の明治大学生です。趣味はサッカー、旅行、飲酒です。「旅の情報」や「自転車企画」も皆様にお伝えできればと思います。

 

~お飲物~ 「ボルドー地方」

フランスと言えばワイン、ワインといえば「ボルドー」なのです。特に赤ワインです。

この地方は地形上、良質な水や土壌に恵まれ最高級のブドウが毎年採れます。ポリフェノールを多く含んだワインを飲む、この地方の人々は「成人病」に罹りにくいとか。

 

~前菜~ 「ニース地方」

日本でも時々見かける「ニース風サラダ」はツナ、オリーブ、アンチョビが印象的です。

ドレッシングには勿論「フレンチドレッシング」を。心地よいニースの潮風をサラダと一緒にご堪能ください。

 

~副菜~ 「マルセイユ地方」

マルセイユと言えば勿論、「ブイヤベース」ですね。元々商業都市として港が多くあったマルセイユは海鮮料理が盛んでした。日本とは違う本場のブイヤベースが食べたい方は是非マルセイユへ!

 

~メイン~ 「プロヴァンス地方」

今やフランス料理を代表するのはプロヴァンス地方発祥「ラタトゥイユ」。

「かき混ぜたごった煮」という意味のこの料理は、多くの家庭で親しまれ、フランスでの「母の味」と言えるでしょう。

 

~チーズ~ 「シャルドネ地方」

 

チーズ

Photo by Shutterstock

フランスの家庭ではメインの後にチーズを出される事がしばしばあります。

私自身がかつて無い程ハマったチーズがこちらの「ベラルドン」というチーズです。山羊の乳から作られるチーズは程よい苦みとまろやかさがあり、ワインがよく進みます。シャルドネ地方はワインも有名なのでそちらもおススメです!

 

~デザート~ 「フランス全域」

フランスの伝統的デザートといえば「ミルフィーユ」です。

「ミル=1000」、「フィーユ=葉」という意味でその形状から名付けられました。食後のコーヒーと一緒に食べる本場ミルフィーユは絶品なはず!

 

まとめ

いかかでしたか。南フランスのグルメに少しだけでも興味を持って頂けたのであれば私も嬉しいです。陽気な気候に料理が美味しい南フランスへ行ってみてはいかがでしょうか?

 

ライター

はじめまして、ライターのタクローです!自転車で旅を企んでいる理系の明治大学生です。趣味はサッカー、旅行、飲酒です。「旅の情報」や「自転車企画」も皆様にお伝えできればと思います。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング