季節に合わせて旅をする、春夏秋冬それぞれの季節に行きたい国はどこ?

Pocket はてブ

世界自然遺産にも登録されている中国の九寨溝は、独特の青色が印象的な湖水地です。この青色と赤や橙、黄色の紅葉のコントラストが見事なアートとなるんです。スケールも壮大です。

 

【秋】ディズニー映画「塔の上のラプンツェル」の舞台にもなったタイのコムローイ祭

The Yeepeng Chiang Mai Festival

photo by Mark Fischer

タイのコムローイ祭、毎年11月にタイ北部の都市チェンマイで、仏陀に感謝の気持ちを捧げるために、空へコムローイ(ランタン)を一斉に放つお祭りです。

その風景は大変幻想的で、死ぬまでに一度は見たいと思う人も大変多く、日本初のツアーもあるのですが、発売直後に完売してしまうほどの人気ぶりです。

現地の人用のお祭りと別に観光客用のお祭りをしてくれています。現地のものは参加費は無料ですが、日付が直前にしか決まらないので確実に見たい方はツアーなどでチケットをゲットするのをおすすめします!

 

【冬】国中がクリスマスムード一色のドイツを楽しむ

WEIHNACHTSMARKT

photo by Rene Schwietzke

11月の下旬から12月まで、ドイツはクリスマスムード一色になります。150以上もあるというクリスマスマーケットは、町ごとにそれぞれ特徴が違うので、お気に入りの場所を見つけて足を運んでみてください。

「シュトゥットガルト」は300もの店が軒を並べる世界最大のクリスマスマーケット、「ドレスデン」は世界最古のクリスマスマーケットと言われています。ドイツの街並みとクリスマスマーケットのキラキラした雰囲気で幸せな気持ちに包まれそうです。

 

【冬】サンタクロースに会える街、フィンランドのロヴァニエミ

Rovaniemi

photo by Timo Newton-Syms

 フィンランドのロヴァニエミにあるサンタクロース村は、サンタクロースに会うことができる聖地です。サンタクロースは毎日300km離れたおうちから、サンタクロース村へ世界中から届く手紙を読みに来ているんです。

一緒に写真を撮ったり、かわいいサンタさんの消印を押してもらえる郵便局から手紙を出したり、子どもの頃の気持ちに戻って過ごすことができる温かい場所です。

 

まとめ

どの国も1年中楽しめる観光地はあると思います。でもせっかく行くなら1年に1度のイベントやその季節にしか見ることができない絶景を見に行きたいですよね。

その国の歴史などを調べてから行くとさらに旅行も楽しくなるかもしれませんね。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

sanakirin
大学の卒業旅行で海外の楽しさを知り、アジア・ヨーロッパを中心に10か国以上を旅しました。 世界遺産を見たり、その土地のおいしいものを食べることが大好きです。 いつか世界一周旅行するのが夢。

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

祭り

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品