その他

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

彼らにとっては、信仰を持つことや当然。日常生活の一部。僕自身はとりわけ信仰をもっているわけでもないし、神が一つだろうが八百万だろうが、大きな問題ではない。僕の認識と信仰の絶対的な存在感がぶつかった瞬間だった。

 

「神は信仰のためにすべてを創造された」

23533670274_13d2193027_b

photo by Edgardo W. Olivera

僕はモーリタニアで、とても英語が流暢な青年に出会った時のことを思い出した。

「信仰こそが生きることのすべてだ。腹が減っては信仰ができない。だから動物や野菜をつくった。文字が無ければ、どう祈っていいのか分からない。だから文字をつくられた。神は信仰のためにすべてを創造された」カンペがあるわけでも、冗談を言っているわけでもない。大真面目にこう話していた。

僕の中にヒビが入り、ぼろぼろと崩れさっていく気分だった。(世界には宗教があって、信仰を持っている人々がいる。当たり前だ。当たり前のことじゃないか)

それでも、いざ自分とは異なる価値観を目の前にすると、失礼かもしれないが、正直たじろいでしまった。

 

価値観のコレクションを壊して、つくって

頭では理解しているつもりでも、理解が追いつかない。その瞬間に、今までの価値観は音を立てて崩れさる。

しかし、いつまでも崩れたままにしてはいられないから、自分なりに咀嚼して、理解して、価値観に新しいコレクションを加えて、急造だけど、自分の拠り所となる価値観をつくりなおす。しかし、それもまたどこかで誰かに不意にぶっ壊される。それをまた、つくりなおして、壊されて。

旅はそんなことの繰り返しだ。

 

「クソッタレ!尻の穴!」

「Fuck you, asshole!」

直訳すると、「クソッタレ!尻の穴!」そんなこと、誰かに言われたことがあるだろうか。僕はある。イスラエルで、僕はそれに遭遇した。

 

首都エルサレムには、日本人に親しまれる宿がある。僕が訪ねた時も多くの日本人が滞在しており、それぞれの旅話に花を咲かせた。かたや、何やら物騒な話も。聞いてみると、この宿の周りに住まうガキんちょたちから、突然、石や爆竹を投げられたという話だ。

信じ難い話だったが、事件はエルサレム出発の朝に起きた。宿を出て路地に出たところで、民家の2階から大きな座布団が目の前に大きな音を立てて落ちてきた。

飛んできた方向に目を向けると、10歳前後のガキんちょ二人が、ひょっこり窓に姿を現した。いたずらにしても危険過ぎる。

 

目の前で砕け散ったのはガラス瓶

大人気ないとは思いつつも、ふつふつと湧きあがる怒りを押さえきれず、中指を突き上げ、僕はまた歩き出した。

「バリンッ!!」

次の瞬間、僕の背後ギリギリで、ものすごい勢いでガラス瓶が大きな音を立てて砕け散った。さすがに背筋がぞっとした。死にはしないだろうけど、大きな怪我になったかもしれない。そして続けざまに飛んできた言葉が「Fuck you, asshole!」

 

さっきまでの怒りはどこへやら、僕は逃げるようにエルサレムを後にした。非常に後味の悪い最後だった。

幸か不幸か、こんなショッキングな出来事に遭遇してしまった。そして、僕の頭をぐるぐると駆け廻り始めたのは、「僕には何ができる?」という問いだった。

 

理由なく、ガラス瓶を人に投げつけるなんてことは、普通に考えたらありえない。もしかしたら、エルサレムのガキんちょたちは、前に宿に泊まっていた日本人に何かされたのかもしれない。現実は見た目ほど単純ではなく、正義も、真実も、僕が思っているよりも多様なのだと思う。

 

夢見た世界は、意外と簡単に手が届いた

pixta_15479731_S

photo by pixta

旅をして、夢見ていた世界には意外と簡単に手が届いた。時間とお金さえあれば、手を伸ばせることに気がついた。でも、その世界を見つめる自分自身に、足りない部分がものすごくたくさんあるように感じた。

 

帰国後、すぐに就職活動に取り組むことになった。僕は誰かに石やガラス瓶を投げられるのは嫌だし、 そういうことを放っておくのも嫌だ。

「アメリカのことが憎くないのか?」あの時、答えられなかった自分も嫌だし。「お前はパレスチナ問題のことなんか何も分かってない」と、言われた自分も嫌だ。

「じゃあ僕には何ができる?」帰ってからも、この問いがぐるぐると頭の中を駆け巡る。そんな時に出会ったのが、テレビ番組のディレクターという職業だった。

 

仕事を通して、世界と向き合う

OB 訪問で出会った先輩たちの言葉。

「歴史系の番組をつくるには、原爆とかアウシュヴィッツとか、そういう歴史的な出来事に自分だったらどう向き合うのか?っていう主観が問われる。そこが、もろに番組に反映されるから」

そんな仕事そのものが、「足りない自分」を補ってくれるのではないかと思った。

 

番組制作を通して、この世界の歴史や、人や、「僕には何ができる?」という問いに向かい合っていきたい。

僕にガラス瓶を投げつけてきたエルサレムの子どもたちが 抱えていたであろう問題に立ち向かえるかもしれない。

そう思った。

 

思い出すのは、世界一周最後の日のこと

世界一周最後の日。僕は台湾に居た。

ホステルで一緒に泊まっていたアメリカ人、ドイツ人、韓国人、シンガポール人、台湾人、そして日本人。多国籍な組み合わせで夜の台北を練り歩き、最後はホステルで、僕の帰国の無事を祈って皆で乾杯した。

ものすごく単純なのかもしれないけど、そんなふうに何かを分かち合える世界は、素晴らしいと思う。

 

「happiness only real when shared」

Friends lying and talking in the park on a sunny day

photo by pixta

見知らぬ人に出会って、自分のことを話したり、誰かの話を聞いたり。それは、決して争いの種になるのではなく、その度に新しい自分に出会え、新しい考え方や生き方を覗き見るための種となる。

大好きな「into the wild」という映画に、「Happiness only real when shared」(分かち合ってこそ、幸せは本当になる)という言葉がある。

そんな世界をつくりたい。

 

世界一周の経験が、テレビ業界でディレクターとしてドキュメンタリー番組をつくりたいという覚悟を決めさせた。

ディレクターという仕事は、「旅するように生きる」職業だ。自分がおもしろいと思う番組をつくるために、自分が会いたいと思う人のところへ行って話を聞き、自分が行きたいと思う場所に行く。きっとこの生き方は、自分にぴったりだと思った。

 

人間は、自分が知っている中からしか、 何かを選ぶことはできない

人間は、自分が知っている中からしか選べない。だからこそ僕はこれからも、一歩を踏み出し、様々な人に出会って、言葉に耳を傾けて、自分の中に、様々な選択肢や可能性の種をストックしていきたい。

ただ一度の人生、せっかくなら自分を最大化したい。

 

一つの想いが、はっきりと輪郭を持って、将来、実現したい目標をつくり出してくれた。

 

世界一周に出たい!でも勇気が出せない。そんなあなたへ

いかがでしたか?

今回の世界一周ストーリーを掲載している書籍では、15名の感動ストーリーだけではなく、一緒に本を作成した世界一周者50名のお土産話やアンケート、世界の瞬間PHOTOなど世界一周経験者の想いが詰めこまれています。

「世界一周して人生が変わる?」

これは、あなたが本当に実感できるかどうか分からないかもしれません。ただ、少なからず私たち50名の人生は、世界一周がきっかけで変わりました。

この想いをあなたにも感じて欲しい。そしてこの本をきっかけに、旅に出てくれたらもっと嬉しいです。

 

\本をゲットしたい方はこちら/  

sekaiisshuu_thumb-01

 

\ほかのストーリーも読みたい方はコチラ/

03

その他

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング