ライター
新田 浩之 フリーライター

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

今回は、岩手県の鍾乳洞をご紹介。岩手県には日本屈指の有名な鍾乳洞が存在します。それでは、さっそく岩手県の鍾乳洞を見ていきましょう。

龍泉洞

photo by pixta

国内で一、二位にランクインされる鍾乳洞が龍泉洞です。龍泉洞は山口県の秋芳洞、高知県の龍河洞と並んで「日本三大鍾乳洞」の中に入っています。

また、洞窟内にある地底湖は世界一の透明度を誇ります。

■詳細情報
・名称:龍泉洞
・住所:岩手県下閉伊郡岩泉町岩泉字神成1-1
・アクセス:盛岡駅からバスに乗り「龍泉洞」下車。徒歩1分
・営業時間:8:30~18:00(5月~9月)、8:30~17:00(10月~4月)
・電話番号:0194-22-2566
・料金:1,000円
・所要時間:40分
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://www.iwate-ryusendo.jp

幽玄洞

photo by pixta

幽玄洞は国内最古の鍾乳洞と言われており、地層は3億5千年前のものです。洞内はつらら石、石柱、カーテンなど、バラエティーにあふれています。

また、洞内で発見された化石も見もの。ウミユリや三葉虫などが発見されています。

■詳細情報
・名称:幽玄洞
・住所:岩手県一関市東山町長坂字東本町154-1
・アクセス:東北自動車道「一関」ICから車で約30分
・営業時間:8:30~18:00(4月~11月)、8:30~17:00(10月~11月)、9:00~16:00(12月~3月)
・定休日:無休
・電話番号:0191-47-3303
・料金:1,000円
・所要時間:30分
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://www.ichitabi.jp/spot/data.php?no=5

滝観洞

「滝観洞」という名前の通り、この洞窟のポイントは洞内にある滝。洞窟の奥にある滝は「天の岩戸の滝」と呼ばれ、29メートルの落差があります。

洞内にある滝としては、国内で3番目にランクインされています。

■詳細情報
・名称:滝観洞
・住所:岩手県気仙郡住田町上有住字土倉298-81
・アクセス:JR上有住駅下車、徒歩3分
・営業時間:8:30~16:30(3月16日~11月上旬)、8:30~16:00(11月中旬~3月15日)
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://rokando.sumita-gayagaya.com

安家洞

photo by pixta

安家洞は日本で一番長い洞窟として知られています。長さは23,702メートルにもなります!ただし、見学できる長さは550メートルです。

入洞券を購入すると、ヘルメット、長靴、合羽が渡されます。

■詳細情報
・名称:安家洞
・住所:岩手県下閉伊郡岩泉町安家字日蔭161-1
・アクセス:町民バス安家洞下車
・営業時間:9:00~16:00(8月は17:00まで)
・定休日:11月上旬~4月上旬
・電話番号:0194-24-2011
・料金:1,000円
・所要時間:約30分
・オススメの時期:いつでも
・公式サイト:https://www.town.iwaizumi.lg.jp/docs/2016022400177
ライター
新田 浩之 フリーライター

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

RELATED

関連記事

EVENT

イベント一覧