ライター

管理栄養士。3千人(1万件)以上の栄養カウンセリングのため日本を駆けめぐってきたが、2017年7月より舞台を世界に拡げ、食と健康の学びの旅へ出発。各国から世界の食をお届けします。

大公開!イタリアの豪邸でホームパーティー

夜はローマやミラノに移り住んでいる兄弟や友人と合流。2ヶ月間の夏休み(なんというロングバケーション!)をとっているそうで、シチリアの貸別荘のお宅でホームパーティーをします。

個人でお仕事をしているので比較的自由に休暇がとれるようですが、会社勤めであっても休みのためにしっかり働き、長期休暇をとる人が多いそうです。イタリア人のメリハリはぜひとも真似したいところ!

ドレスコードは白。身内だけのホームパーティーで洒落てます。

広いキッチンで沢山の料理を作っている今夜のシェフ!本職がシェフかと疑うほど素晴らしい料理を振る舞ってくれます!

総勢12人+子どもたちの料理をほぼ一人で、それは楽しそうに作っていました。強面だけどとても優しく、興味津々の私に料理を教えてくれます。私だけイタリア語が話せない状況にやや恐縮していましたが、日本のことや私のことについてたくさん質問してくれ、和ませてくれました。

コミュニケーションをとるうえで言葉が通じるとか話が上手下手よりも、どれだけ相手を気遣い、誠意をもって接し、関心を持つかの方が大事。料理だけでなく、人と人とが関わるうえで大切なことを教えてもらいました。

甘エビ、カルパッチョ。前菜は生魚のオンパレード!

シチリアは日本と同じく新鮮な海の幸の宝庫です。海外に出ると美味しい生魚をいただける機会が少ないので、魚好きの私は1ヶ月以上ぶりに生魚が食べられる~!と大興奮。

そして、パーティースタート!乾杯したら、回転テーブルを回して食べたい料理をとります。

料理が次から次へと出てきては、作り手も嬉しくなるほど、みんなよく食べ、よく飲む!そして、よくしゃべり、よく笑う!美味しくて愛情たっぷりの料理に話しもはずみます。大好きな人たちと食卓を楽しく囲むって至福のひとときで、これって一番のストレス解消法なのでは。

そもそもみんなストレスって抱えてるのかな?と思うほど陽気で明るい人たちですが、家族や友人の距離が近く、オープンに話せる環境や機会が多いからこそ、ストレスを溜め込まずに吐き出せているように感じました。

途中花火やゲームを楽しみつつ、パーティーは深夜1時まで続きました。時間を気にせず、場所も気にせず、くつろげるのもお家スタイルならではです。

シチリアのファミリーと過ごして感じたのは、家族団らんの時間が日本に比べて長いということ。日本では一緒に暮らしていても、平日のご飯は別々ということが少なくないと思います。

シチリアでは休日に関わらず、食事は家族そろって一緒にとることが多いので、自然とその日の出来事を話し、たとえ嫌なことがあったとしても大抵のことは話して解決できるのだと思いました。

ライター

管理栄養士。3千人(1万件)以上の栄養カウンセリングのため日本を駆けめぐってきたが、2017年7月より舞台を世界に拡げ、食と健康の学びの旅へ出発。各国から世界の食をお届けします。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング