ライター
RORO PEACE BOATで世界一周

旅する映像クリエイター・旅する料理人。大学卒業後、PEACE BOATで初海外、世界一周の旅に出る。帰国後、次は日本を知るために、北から南まで約2年半旅をしながら働く生活を送る。訪れた国は29カ国、国内は45県を制覇。

室戸岬(高知県)

spread07さん(@spread07)がシェアした投稿


土佐湾東端に突出する室戸岬灯台へ上る途中で広がる美しい光景。これを絶景と言わずして、なんといいましょう。室戸岬は台風銀座とも呼ばれる地ですが、穏やかな日にはこんな美しいブルーが待っているのです。

 

四万十川(高知県)

photo by pixta

「日本最後の清流」と呼ばれている川が四万十川です。四国の中で長さは第一位、流域面積は第二位になっています。四万十川へ訪れる際に、利用したいのがJR予土線です。予土線からは美しい四万十川を上から見下ろすことができます。

■詳細情報
・名称:四万十川
・住所:高知県
・アクセス:予土線の始発駅、宇和島駅へは岡山駅から特急で4時間前後
・電話番号:0880-35-4171 (四万十市観光協会)
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://www.shimanto-kankou.com

 

桂浜(高知県)


桂浜は、高知県を代表する観光スポット&絶景スポットです。桂浜から見る迫力満点の太平洋はたまりません。また、桂浜には坂本龍馬の巨大な銅像があります。桂浜に行くと心がスっとするような感覚になることでしょう。

■詳細情報
・名称:桂浜
・住所:高知県高知市浦戸桂浜
・アクセス:はりまや橋から「桂浜」行きのバスに乗車
・電話番号:088-823-9457(高知市観光振興課)
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://www.city.kochi.kochi.jp/soshiki/39/katsurahama.html

 

大歩危・小歩危(徳島県、高知県)

keikoさん(@kei_marin)がシェアした投稿 – 2017 5月 14 4:43午前 PDT


大歩危(おおぼけ)・小歩危(こぼけ)は四国を代表する渓谷です。この変わった地名は断崖を意味する「ほき、ほけ」に由来します。大歩危・小歩危の地質は8千万年前から6千万年前にできた変成岩で構成されています。大変貴重なことから2014年に国の天然記念物に指定されました。

■詳細情報
・名称:大歩危・小歩危
・住所:徳島県三好市
・アクセス:JR大歩危駅へは高知駅から特急で1時間
・電話番号:0883-76-0877(三好市観光案内所)
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:https://www.miyoshinavi.jp

 

かずら橋(徳島県)

かずら橋

Photo by wikimedia

吉野川が作り出した祖谷渓の上流部に架かる自生のシラクチカズラを編んで作られた橋で、3年に一度架けかえられる日本三奇橋です。

 

大釜の滝(徳島県)

14710388477_01a91fd3c2_b

photo by Kohei Fujii

落差20m、渕の深さ15mで、両岸には100mを超える岸壁があり、近くから見上げる滝のスケールの大きさに圧倒されます。「日本の滝100選」にも選ばれた美しい滝です。

 

剣山(徳島県)

masaさん(@masanaka01)がシェアした投稿


標高が西日本第2位の剣山周辺は、まだ解き明かされていない古代ミステリーが存在します。1000年前に建てられた神社などが存在し、たくさんのパワースポットが点在しています。

 

大自然に癒される四国の絶景16選

いかがでしたでしょうか?関東圏からだと少しアクセスしにくい場所ですが、行ってみたくなりますよね。これだけの景勝地が四国にはあるんですね。みどころたくさんの四国に是非 足を運んでみませんか?

ライター
RORO PEACE BOATで世界一周

旅する映像クリエイター・旅する料理人。大学卒業後、PEACE BOATで初海外、世界一周の旅に出る。帰国後、次は日本を知るために、北から南まで約2年半旅をしながら働く生活を送る。訪れた国は29カ国、国内は45県を制覇。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング