ライター
前田 塁 TABIPPO / 創業メンバー

TABIPPO創業メンバーで、世界78ヶ国を旅しながら仕事をしてます。せっかく現代に生まれたのだから、世界にあるすべての国を訪れて、宇宙を旅行して、仕事でも成功する、そんなワークライフカオスな人生を目指しています。

 

フレーデフォート・ドーム

フレーデフォート・ドーム

photo by Abri le Roux

フレーデフォート・ドーム

photo by Abri le Roux

世界最古にして最大の隕石衝突痕です。直径およそ50キロメートルの中央にあるドームと、それを取り囲む外輪山からなり、衝突痕の直径は最大およそ300キロメートルにも及びます。地球史の三大隕石衝突痕のひとつでもあり、およそ20億2300万年前に直径10から20キロメートルの小惑星が衝突したものと考えられています。

 

マプングブエの文化的景観

ショナ王国の前身にあたる集団が拠点とし、1050年から1270年頃にかけて繁栄したとされている都市遺跡です。楔形に近い形状の砂岩の丘で、30メートルの切り立った崖の上におよそ300メートルの平らな面が広がっています。

王権の象徴であったと考えられる金箔が貼られたサイの像をはじめ、土偶や黄金の装飾品などが発見されています。2003年に世界文化遺産に登録されました。

 

ロベン島

ロベン島

photo by Ryan Kilpatrick

ロベン島

photo by Ryan Kilpatrick

監獄島という別名も持ったロベン島は、ハンセン病患者の隔離所や政治犯の強制収容所などが設置された場所で、人種隔離政策の記憶を今に伝える負の世界遺産のひとつとされています。現在は島のほとんどが博物館となっており、刑務所の元囚人がガイドとして観光客への案内業務を行っています。1999年に世界文化遺産に登録されました。

 

リフタスフェルトの文化的及び植生景観

リフタスフェルトの文化的及び植生景観

photo by Chris Preen

リフタスフェルトの文化的及び植生景観

photo by Chris Preen

岩山や砂漠などからなる荒涼とした乾燥地帯です。雨はほとんど降らず、夏は50度以上にもなる厳しい自然環境の中で、アロエなどの多肉植物を中心に650種類にも及ぶ植物が自生しています。

ヒョウなどの動物が生息しているほか、多くの鳥類が生息していることでバードウォッチングスポットとしても有名です。ナマ族という半遊牧民が伝統的な暮らしを営んでいることなども評価され、2007年に世界文化遺産に登録されました。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。南アフリカに向かう場合はヨーロッパを経由するルートが便利ですが、費用を抑える場合は香港経由も検討することをおすすめします。所要時間は17時間~22時間です。

ライター
前田 塁 TABIPPO / 創業メンバー

TABIPPO創業メンバーで、世界78ヶ国を旅しながら仕事をしてます。せっかく現代に生まれたのだから、世界にあるすべての国を訪れて、宇宙を旅行して、仕事でも成功する、そんなワークライフカオスな人生を目指しています。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング