ウユニ塩湖のあるボリビアがおしゃれな雑貨の宝庫だと話題に
writer
戸口 実花 フリーライター

編集者として勤めながら、フリーライターをしています。文字を書くか、お酒を飲むか、の日々(大抵後者)。 TABIPPOのメディア事業部ではライター/編集者として、その後プロダクト事業部ではPRと制作を担当していました。2017年3月にインターンを卒業。

 

重ねづけが可愛い!アワヨバング

 

ピアスと同じく色鮮やかなバング。あえてシンプルなTシャツとデニムに、派手なバングとピアス。はい、かっこいい系旅女子。

 

オーダーメイドもできる!アワヨバッグ

こちらも引き続きアワヨ柄。バッグもたくさん様々な場所で売られていますが、中でもおすすめなのが『EL INKA』というお店。オーダーメイドバッグなので、かばんの種類〜柄まで、自分の思い通りに作れます。お気に入りのかばんを、旅の相方として毎日一緒に持ち歩きたい!

 

アルパカ100%のキーホルダー

モコモコで可愛いアルパカ100%のキーホルダー。思わずホッコリしてしまうおめめぱっちりフェイスがたまりません。色、背負っているもの、足の長さ、顔の細さ、目の位置が少しずつ違うので、お気に入りの可愛いアルパカちゃんを選んであげてください。

 

ウユニ村では、塩の雑貨を買うことができます!

ボリビアのお土産にぴったりな、塩雑貨。ウユニ村では、ウユニ塩湖の塩で出来た(であろう)雑貨を買うことができます。他の場所では変えないお土産なので、お友達にも旅の思い出をおすそ分けできますね。ただし、実用性は使ってみてからのお楽しみです。(笑)

 

まとめ

いかがでしたか?日本からは遠く離れているボリビア。でも、どんなに距離が離れていても、どんなに文化が違くても、オシャレは女子の特権♡旅中でもオシャレを忘れず、現地風のファッションで現地の文化に浸るのも、女子旅ならではの楽しみですよね!

 

writer
戸口 実花 フリーライター

編集者として勤めながら、フリーライターをしています。文字を書くか、お酒を飲むか、の日々(大抵後者)。 TABIPPOのメディア事業部ではライター/編集者として、その後プロダクト事業部ではPRと制作を担当していました。2017年3月にインターンを卒業。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング