writer
新田 浩之 フリーライター

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

 

デメリット

6.物価がそれほど安くない

もしかすると「台湾は物価の安い国」とイメージされる方も多いでしょう。確かに、日本よりも少しは安いですが、「劇的」に安くはありません。また、台湾は都会を中心にバブル状態。しっかりと、元手を確保してから渡航するといいですね。

 

7.都市部の空気が悪い

photo by shutterstock

これは台湾に限らず、他のアジアの都市にもいえることですが、日本と比べると空気が悪いです。特に、自動車からの排気ガスがひどいので、マスクをしている方も見かけます。

 

8.交通マナーが悪い

先ほども書きましたが、交通マナーが悪いので交通事故には気をつけましょう。特に、子供がいる家族は要注意。子供が交通事故に遭わないために、常に注意する必要があります。

 

9.災害が多い

@doncjpがシェアした投稿 – 2016 4月 15 4:35午後 PDT


このデメリットは欧米と比較した場合です。台湾は日本と同じ地震国。また、夏には台風もやってきます。そのため、ある程度の自然災害は覚悟しなければなりません。

 

10.台湾とは年金の協定が結ばれていない

台湾移住の最大のデメリットは年金かもしれません。一部の国には年金に関する協定が日本と結ばれています。協定が結ばれている移住先の国の年金を支払うと、そのまま日本の年金にスライドしてくれます。つまり、移住国の年金を支払えば、日本の年金を払う必要はありません。しかし、2017年4月現在、日本と台湾には年金に関する協定はありません。

台湾の年金には台湾人しか加入できません。したがって、日本の年金を払い続けることになります。日本の年金支払額は所得に限らず一定なので、そのあたりの計算を考慮する必要があります。

 

最後に

客観的な立場から台湾移住のメリット、デメリットを挙げました。まずは、台湾移住に関する情報収集に努めましょう。

writer
新田 浩之 フリーライター

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

RELATED

関連記事