台湾の「侯哃(ホウトン)」
ライター
あしか 組織設計事務所

2015年2月に脱OLして、世界の建築が生み出す素晴らしい空間に会いにいく為にヨーロッパ一周中。それまでは、組織設計事務所でお仕事してました。

 

ただし、触りすぎると猫に病気が蔓延したり、ストレスから引っ掻いたりすることもあるそうなので、触ることは控えたほうが良さそうです。

 

ここでしか買えない、猫パイナップルケーキも美味しい!

cake

photo by kaori

台湾土産の定番、パイナップルケーキ。この村では、猫型のパイナップルケーキが売られています。

侯哃限定で売られているとのことで、実際、侯哃に近い九份や台北などでは見つけることは出来ませんでした。猫好きにはたまらない可愛いさです!

 

 侯哃へは、どうやって行くの?

ticket

photo by kaori

侯哃へは、台鉄の特急で九份の最寄り駅「瑞芳」駅まで行き、そこから平渓線の各停電車に乗り換える方が多いです。

私は、台北駅から蘇澳方面行きの区間車(各停電車)に乗りました。そうすると、乗り換えなしでいけます。切符の値段は、区間車で56元。日本円にして約200円くらい。安い!

 

台鉄のホームページで時刻を調べることが出来ます。直訳のところもありますが、日本で表示されるので検索もしやすいです。

電車の時刻表によると、台北から1時間くらいで行けるとのことでしたが、私が実際に行った時は区間車で1時間ちょっとはかかりました。

 

マナーはしっかり守りましょう

manner

photo by Da-Eye

侯哃は、猫と人が共存している村。お互いにとって住みやすい村を守るために、様々なルールがあります。

・人間の食べ物はあげない
・ゴミは持ち帰る
・たばこを吸わない
・猫を起こしたりしない
・地面に餌を置かない
・犬は連れ歩かない

などなど、他にも色々と注意書きの看板があるので、マナーはしっかり守りましょう。

ライター
あしか 組織設計事務所

2015年2月に脱OLして、世界の建築が生み出す素晴らしい空間に会いにいく為にヨーロッパ一周中。それまでは、組織設計事務所でお仕事してました。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング