笹まい 台湾好きライター。タピオカミルクティーは正義。

大学時代に中国語を専攻し、6カ月間台湾に留学。 タピオカミルクティーが好きすぎて、毎日飲んだら6カ月で5㎏太りました。 台湾を中心にアジア圏の魅力を伝えられればと思います!

台湾留学(6カ月間)で語学力はどれくらい上がった?

photo by 笹まい

実際に6か月間通って、私はほぼゼロスタートの状態から、日常会話は問題ないレベルまで成長することができました!正直、留学当初は発音があまり上手ではなかったため、何か話しても聞き返されることも多かったです。しかし、6カ月間で日常会話はスムーズにできるように!

台湾を歩き回るのも怖くなくなったので、帰国前には1人で電車に乗って観光地へプチ旅行をしたりしていました。1人で中国語を使って問題なく観光できるようになったのは、「やれば出来る!」という自信に繋がったと感じています。

photo by 笹まい

さらに、帰国してからは英語のTOEICに値する、国際基準の中国語試験HSK(漢語水平考試)4級に合格しました!HSK4級は日常会話は問題ない程度のレベルであることの証明になるので、公的な資格でもレベルが上がったことを感じることができて嬉しかったです。

 

台湾留学に行く前にやっておけばよかったこと

photo by 笹まい

帰国したいま、行く前にやっておけばよかったなと思うことは2つあります。1つは出国前に日常会話レベルは最低限しっかり身に付けておくこと、2つめはなるべく貯金しておくことです。

留学するタイミングや理由は人それぞれですが、日常会話レベルをしっかり身に付けておくことで、現地で生活する基盤をあらかじめ作っておくことができます。生活の基盤ができていれば限られた留学期間をより濃密にできるので、日常会話は身に付けておきましょう。

photo by 笹まい

また、私はもっと貯金をしておいて、休日を利用してさまざまな場所に旅行すればよかったと感じています。長期滞在しているからこそ、さまざまな場所に気軽に足を運べるもの。

基本的に台湾の語学学校は月曜日~金曜日の週5日制なので、土日をもっと有効活用したかったなと、今は思います。

今後台湾留学は行く方はなるべく貯金をしておいて、休日を利用してさまざまな台湾の文化に触れながら中国語のスキルを伸ばすのがおすすめです。

 

台湾留学で中国語学習にチャレンジ!

台湾留学は優しい台湾の人々がいる空間で、中国語を学べる最高の環境です。全体的にどこの学校も少人数制の授業スタイルを導入しているので、先生と近い距離でしっかりと語学レベルも上げられます。

留学中は、なかなか語学レベルが上がったことを感じずもどかしく感じたり、日本とは違う文化の中で生活するのでストレスを感じたりする日もあると思います。ですが、日本とは違う国の中で生活することで、自分の価値観や視野が広がることも多いです。

異国の地で人として成長させてくれる留学を、台湾でチャレンジする方を応援しています。加油(がんばれ)!

笹まい 台湾好きライター。タピオカミルクティーは正義。

大学時代に中国語を専攻し、6カ月間台湾に留学。 タピオカミルクティーが好きすぎて、毎日飲んだら6カ月で5㎏太りました。 台湾を中心にアジア圏の魅力を伝えられればと思います!

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング