タイのビーチ

タイのビーチリゾート&離島15選

タイのビーチ
Pocket はてブ

6.タオ島

タオ島

photo by pixta

タオ島はタイ湾にある小さい島で、スキューバダイビングが盛んです。小さな島ですが、ダイビングスポットは20以上もあるといいます。

今なお豊かな自然が残るタオ島は、リゾート地でもありながら、田舎のような雰囲気もある素敵な場所です。

タオ島で一番大きいのはサイリービーチで、その周辺には宿泊施設、ダイビングショップなどが数多くあります。

■詳細情報
・名称:タオ島
・アクセス:バンコクからサムイ島まで国内線利用で約1時間、サムイ島からスピードボートと利用で約2時間
・オススメの時期:3~10月

 

7.リペ島

リペ島

photo by pixta

タイ最後の秘境リペ島と言われるリペ島は、アンダマン海に浮かぶ小さな島です

タイの首都バンコクからは離れていますが、マレーシアのランカウイからは近いので、ランカウイ経由で訪れる人も多いです。

少々アクセスは悪いのですが、その分秘境感は満点。コバルトブルーの美しい海に白い砂浜、島自体もコンパクトなサイズで過ごしやすいのが魅力です。もちろんシュノーケリングも楽しめますよ。

■詳細情報
・名称:リペ島
・アクセス:バンコクから国内線でハート・ヤイまで行き、そこから車でパクバラ港まで行く。パクバラからリペ島まではスピードボートで1時間半
・オススメの時期:11~4月

 

8.サメット島

shutterstock_162809195

photo by shutterstock

サメット島はなんと、バンコクから片道約1000円で行けます!しかも、タイの首都バンコクから一番近い島がサミット島。リゾート地として有名ですが高級なホテルだけでなく、ゲストハウスもたくさんあります。

そのため、昔はバックパッカーの聖地と呼ばれていたことも。

昼間のビーチは海水浴や日焼けを楽しむ人で賑い、夜はテーブルなどが並びバーに早変わりします。歩くと「キュッキュッ」と音が鳴る、鳴き砂も楽しめます。

■詳細情報
・名称:サメット島
・アクセス:バンコクからバンペー港へ車で3時間、バンペー港からサメット島までスピードボートで20分
・オススメの時期:11~3月

 

9.ラチャ島

shutterstock_138682757

photo by shutterstock

ラチャ島は高級リゾートして名高く、世界のリゾート100に選ばれ、多くのメディアでも取り上げられています。リゾート地と言ったら、やっぱりスパですよね?

日本よりもお手軽な金額で受けることが出きるので是非体験してみて下さい。そして、島を探索する際は、道があまり舗装がされていないので、徒歩がおすすめです。

■詳細情報
・名称:ラチャ島
・アクセス:バンコクからプーケットまで国内線利用、プーケットからフェリー利用で約2時間半
・オススメの時期:11~3月

 

10.コーラル島

shutterstock_137906807

photo by shutterstock

コーラル島は、なんとプーケットからスピードボートで約15分という近さ!波が穏やかなので、一年中マリンスポーツを楽しめるところも魅力です。

また、膝くらいまで海に入るとお魚の群れが寄ってきてくれるので、深いところまで入らなくても楽しめます。波が穏やかな分、透き通った海が続き、たくさんの種類の魚を見ることができます。

コーラル島といえば、サンゴ礁に囲まれた美しい海が自慢の島です。そんなコーラル島でパラセーリングやダイビングなどのマリンスポーツが堪能できるツアーもあるので、アクティブ派の方は参加してみてはいかがでしょうか。

■詳細情報
・名称:コーラル島
・アクセス:バンコクからプーケットまで国内線利用、プーケットからスピードボート利用で約15分
・オススメの時期:11~3月

 

11.サムイ島

kho nang yuan of thailand

photo by pixta

ヤシの木より高い建物は作らないという島。

中心地のチャウエンビーチはプーケットの繁華街であるプーケットタウンより賑やかなのをご存知ですか?中心地から少し離れれば、緑の残る美しい自然を堪能できます。高級ホテルも多く、海外セレブの隠れ家的リゾートとしても有名です。

■詳細情報
・名称:サムイ島
・アクセス:バンコクから国内線で約1時間
・オススメの時期:3~10月

 

12.ランタ島

pixta_11971871_M

photo by pixta

クラビ県の南端にあり、ランタ・ヤイとランタ・ノーイと言う2つの島からなるランタ島。

海外線は全長27kmにも及び、マングローブはシュノーケリングやダイビングスポットが点在している、まさに自然の楽園と言えます。

欧米の観光客から人気があります。

■詳細情報
・名称:ランタ島
・アクセス:バンコクから国内線でタイ東部の街トラートまで、トラートからフェリーで20分
・オススメの時期:11~3月
1 2 3
Pocket はてブ

WRITER

20歳の時に東南アジアをバックパック1つで周り、旅の魅力を知りました。 大学卒業後、約4年間の旅行会社勤務を経て、現在はライターやイベント制作に挑戦しています!

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

タイのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品