バンコク観光に欠かせない!交通手段のメリットデメリットまとめ

Pocket はてブ

 

トゥクトゥク

201510041 028

photo by peco

バイクの運転手の後ろに座るタイプと箱型の座席シートがついている2タイプあります。

どちらもトゥクトゥクと呼ばれるのですが、複数人数やバックパック等の大きな荷物を持っていたりする場合は後者をおススメ。

 

値段は交渉で決まりますが、目安は徒歩20分の距離で50バーツ程度です。(天候によって多少上乗せされる)

<メリット>

・車の間をすりながら走り抜けるので渋滞でもへっちゃら。
・日本では味わえないスリリングな楽しさ。

<デメリット>

・天気、気候によってはその被害を受けやすい。(特ににわか雨)
・現地人以外だとぼったくりに合う可能性大。

 

ソンテウ

201510041 033

photo by peco

ソンテウは軽トラックを改造して作られた乗り合いバスです。

地方都市をメインに走っているのですが、バンコク市内でも駅周辺を中心に見かけます。

市バスと違って行き先も値段も交渉制なので、自分の都合に合った移動が出来るのではないでしょうか?

<メリット>

・現地人との乗り合いなので、ぼられにくい(周囲に確認できる)
・バス停、バス番号探すことなく交渉して乗車できる。

<デメリット>

・ある程度の人数が乗らなければ発車しない。(不定期)
・複数人の乗り合いなので、目的地ピンポイントに降りれない場合がある。

 

タクシー(車)

1024px-Bangkok_Toyota_Corolla_taxi

photo by BrokenSphere

国内を走る2種類のタクシーは法人(ピンク)と個人(その他)に分かれています。

トゥクトゥクに劣らない数のタクシーが走っているので、すぐに捕まえられることでしょう。

運転手は英語を話せる人が多く、基本的には車内のメーターで価格が決められるため、交渉等が面倒でスムーズに移動したい人はタクシーが便利です。

<メリット>

・出発地から目的地まで迷うことなく確実に辿り着ける。
・雨風の悪天候でも被害を受けることなく移動出来る。

<デメリット>

・価格が高い。
・メーターなのでいくらかかるか分からない。
・渋滞に巻き込まれるとかなり時間がかかる。

 

まとめ

値段交渉はなかなか慣れないかもしれませんが、明るくコミュニケーションを取ってお互い気持ちよく合致したいところ。

10BAT(約32円)で粘って交渉決裂!険悪なムードなんてことにならないよう、こちらの払う金額(日本円)も念頭に。

それぞれのスタイルに合った交通手段を選択して、快適で安全な旅をお楽しみください!

1 2
Pocket はてブ

WRITER

松井佑有
初海外のオーストラリアで1年間のワーホリ後、そのまま東回りで世界一周。直感系女子ペコちゃぁんです。帰国後は地元香川県にて飲食の仕事をしておりました。現在はポルトガルにてワーホリ中。 夢は世界に名…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

タイのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品