ライター
旅丸sho 旅する経営者

2013年より世界一周を開始。2年で帰国し社会復帰の予定が旅を終えることができず現在7年目に突入。ブロガー、ライターを経て旅の途中にBackpackers Productionの経営に参画する。今年ジョージアにて起業。『旅人が増えれば、世界が変わる』を理念に旅人育成企画“タビイク”を開催する。

 

一生に何度も訪れる事ができないThe Waveです。せっかくですからゆっくりと時間を使ってThe Waveの周りの景色も堪能してくださいね!!

 

それではご紹介しましょう!!これがThe Waveだ!!!

tabippowave1

tabippowave2

tabippowave3

tabippowave5

 

The Waveを訪れる際に注意すべき事

tabippowave8

先ほども書きましたが、水と食料は必ず持っていくようにしてください。道に迷わなかったとしても往復約9キロの道のりを太陽が照り続ける中歩く事になります。

思った以上に体力は奪われており、水分を欲しているはずです。

 

また、抽選日の翌日の天気に注意してください。The Waveへの道のりは雨天の場合非常に難しくなります。そして、美しさも半分以下になってしまいます。

The Waveへの抽選は一度当選すると二週間抽選に参加できなくなってしまうんです。ですので、訪れる日付の天気が悪いようであれば、抽選を辞退するという事も必要になってきます。

 

そして、抽選場所のあるカナブという街はユタ州にあります。ユタ州に宿泊している方は大丈夫ですが、近隣のアリゾナ州やネバダ州からカナブへ抽選にやってくる場合は時差に注意しないといけません。

カナブのあるユタ州はアリゾナ州&ネバダ州と比べて+1時間になります。

 

ですので、アリゾナ州とネバダ州から抽選へやってくる場合、その場所での時間で管理していると1時間遅れてしまう事になり、抽選に1時間遅刻してしまうんです。

時間管理はユタ州の時間に合わせてください。

 

一生に一度は訪れたい絶景The Wave

tabippowave11

all photo by sho

いかがでしたか!?The Waveの美しさにため息が出たんじゃないでしょうか?

僕はトレッキングをはじめた時からずーっと気持ちが高まり続けてしまい、The Waveで爆発し大ジャンプをぶちかましました。

 

The Waveへの切符を手に入れるのは非常に難しい事に違いはありません。けれど、その難関を大勢の日本人旅人がクリアしているのも僕は知っています。

オンシーズンでは抽選へ150名を超える方が訪れるという話でしたが、僕が訪れた10月末は少ない時で55名、多くても80名程でした。

 

オフシーズンは天気が悪くなる可能性も確かにありますが、人数的な意味では当選する確率がぐっとあがります。

是非、一緒に一度はThe Waveを訪れ、素晴らしい景色を皆さんの目で見てくださいね!!

 

↓↓世界一周ブログ「旅丸」で色んな国の旅情報を見たい方はこちらから↓↓

shoblog

ライター
旅丸sho 旅する経営者

2013年より世界一周を開始。2年で帰国し社会復帰の予定が旅を終えることができず現在7年目に突入。ブロガー、ライターを経て旅の途中にBackpackers Productionの経営に参画する。今年ジョージアにて起業。『旅人が増えれば、世界が変わる』を理念に旅人育成企画“タビイク”を開催する。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング