乗るんじゃない!歩くんだ!ドイツの『タイガー・アンド・タートル・マジック・マウンテン』とは

Pocket はてブ

今回は、そんな絶叫マシンが苦手だ!という方のために、ドイツの歩けるジェットコースター『タイガー・アンド・タートル・マジック・マウンテン』をご紹介したいと思います。

 

このジェットコースター、歩いていいの?

ジェットコースターと言えば、普通は「乗り物」にカテゴライズされます。ですが、こちらのドイツのジェットコースターは、「歩くことができる物」の中にカテゴライズすることができます。かつてはドイツの炭鉱地域で有名だったルール地方。

今や屈指の大都市圏となっており、そんなルール地方のデュイスブルクの丘の上に作られたのが、『タイガー・アンド・タートル・マジック・マウンテン』です。

 

足で歩いて目で見て楽しむジェットコースター

 

遊園地にあるジェットコースターは、もちろん危険なのでレールの上を歩くなんて絶対厳禁行為です。しかし、このドイツの『タイガー・アンド・タートル・マジック・マウンテン』は、マシンに頼らずに自分の足で歩いて目で見て楽しむことができるジェットコースターとなっています。

ちなみにこちら、本物のジェットコースターではありません。実は、ハイケ・ムッターさんとウルリッヒ・ゲントさんら製作による、立派なアート作品なんです。

 

足がスクんじゃう!最も高い場所は地上45m!

3_R

photo by Felix Montino

町を一望することができる丘の上に作られた、『タイガー・アンド・タートル・マジック・マウンテン』。ただでさえ、小高い丘の上に建てられているこちらの歩くジェットコースターですが、一番高い場所は地上45mとなっています。

スピード感というスリルは全くありませんが、高さという点ではけっこうなスリルを味わうことができます。

 

全ての場所を歩けるという訳ではない?

総階段数は、249段あるそうですよ。しかし残念ながら、端から端まで歩くことは不可能な、ドイツのジェットコースター『タイガー・アンド・タートル・マジック・マウンテン』。クルリと一回転している場所は、どう考えても歩くことは無理ですよね。さすが、アート作品です。

 

夜はライトアップで幻想的な姿に大変身!

運動するために訪れる方もおられる昼間とは異なり、『タイガー・アンド・タートル・マジック・マウンテン』の夜の顔はとっても幻想的。丘の上に輝くその姿は、ロマンチックな雰囲気満点なため、恋人たちのデートスポットとしても良さそうですね!

 

まとめ

今や町のランドマーク的な存在であるこちらの歩くジェットコースターですが、実はかつての亜鉛工場跡地に作られたものだそうです。それにしても気になるのが、なぜ「トラとカメ」なのか、ですよね?どうしても気になる方は、現地にて真相を確かめてみてはいかがでしょうか?

1 2
Pocket はてブ

WRITER

abeb
人生は旅だ、と思っているさすらいのライター。秘境巡りとアイランド・ホッピングが何よりの大好物。仕事が忙しくて身動きが取れない時には、妄想旅行に勤しむ傾向アリ。

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

アート・美術館

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品