other

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

深呼吸は、実際に心拍数を落ち着けることができます。そのため、眠る前に深呼吸をすると、体を眠る体制へと整えることができちゃうんですって。

 

オーソドックスですが…本を読もう

9a

photo by pixabay.com

眠る前のスマホではなく、眠る前の読書が快眠には効果的です。心を落ち着かす温かいドリンクも用意できるなら最高ですね!しかし注意したいのが、読む本のジャンルです。

面白過ぎる本は私たちを余計に不眠へと陥れるので、ほどほど面白い本や難解な本などを読むのがベターです。

 

眠れないストレスやその他の問題などを具体的にイメージするイメージ法

10

photo by pixabay.com

ストレスや問題を抱えている時に効果的な方法ですが、まず目を閉じて何が自分を不安にさせているのかを考えます。時差ボケに伴う不眠や、旅の色々な出来事などが思い浮かんだのであれば、次にその悩みに黒でも赤でも青でもいいので、とにかく色を付けてみましょう。そして、その悩みを頭の中に描いた箱の中に入れ、どこか遠くへ投げ飛ばすようイメージしましょう。

このイメージ法を試すなら心なしかスッキリと心が落ち着いて、眠りやすい状態になるハズですよ!

 

ポジティブであることは大切です。眠れないことを楽しもう!

11

photo by pixabay.com

「どうしよう、眠れない…。」と考えるから、眠れなくなってしまうこともあります。そうであれば、ポジティブに眠れないことを楽しんでみてはいかがでしょうか?

ちょっとした単純作業や、ブログを書くこと。他にも旅の予定やこれからしたいことを書き留めるなど、有効的に時間を活用してしまいましょう。

「眠れなかったら、それはそれでしょうがないよね。」と潔く諦めたほうが、実はすぐに眠れるようになってしまう、なんていう事もあります。

 

まとめ

眠れない原因は様々ですが、眠らないといけない!とプレッシャーが掛かると益々眠れなくなってしまいます。そんなことを避けるためにも、眠れないことをあまり気にし過ぎないことが、もしかすると一番の快眠法だと言えるかも知れませんね。

other

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

RELATED

関連記事