アメリカ旅行で使うチップの常識

Pocket はてブ

 チップを渡す時のルール

imasia_1732108_M

photo by pixa.jp

チップはコインではなくお札で渡すのが望ましいとされています。

コインで支払うとサービスが悪かったという意味にも捉えられることもあります。チップを支払う場面は多いので、1ドル札はある程度前もって準備しておいたほうが良いですね。

 

チップは心づけだから気分を害した場合は支払いたくない!と思う人もいるかもしれませんが、いくらサービスや味が悪かったとしても、チップが必要とされている場所では必ず置くようにしてください。

一般的なチップの金額より少なく支払ったり、全く支払わないのはマナー違反です。

何か不満があった場合は、お会計で無言の意思を伝えるのではなく、責任者やマネージャーを呼んで言うようにしてくださいね。

 

チップを支払わなくて良い場所もある!

日本から団体ツアーで旅行に出かけた場合は、あらかじめ利用料金の中にチップが含まれている場合があります。

これはドアマンだけでなくハウスキーパーの料金も含んでいることもありますので、あらかじめ旅行会社に確認しておくと戸惑いませんね。

観光客が多い場所ではチップを忘れないようにあらかじめ金額に入れてあるところがあります。その場合は「GRATUITY INCLUDED(サービス料金込み)」という表示がありますので、チップを支払う必要ありません。

海外ウエディングをする際などは、プランナーさんや運転手さんなどにチップが必要ですが、牧師さんに渡すのは失礼にあたりますので覚えておいたほうが良いですね。

 

アメリカでのチップは接客への感謝を表す

日本はおもてなし文化で、世界でもトップレベルの接客の丁寧さを持ち合わせている国です。そのため、私たちは小さな頃から丁寧な接客に慣れてしまい、その接客が当たり前になってしまいました。

しかし、海外では丁寧な接客はチップとして評価されます。現に私の知り合いも、丁寧な料理の説明や気遣いで1組のお客さんから100ドルのチップをもらったという経験もあります。

もちろん、ここまで支払えとは言いませんが、日本で当たり前になってしまっている文化は海外では評価されるべきところだということを忘れずにいると良いでしょう。

 

アメリカではチップがマナー。必ず支払いましょう

いかがでしたでしょうか?いくら事前に調べていっても、いざ行ってみるとチップが必要かそうでないか分から無いこともあると思います。

その時は思い切って「Is the tip included?(チップは含まれていますか?)」と聞いてみてくださいね。

チップはその国で働く人々の大切な収入源になっていますので、聞くことは恥ずかしいことではありません。お互い気持ちの良い時間を過ごせるよう、しっかりと事前準備して出かけたいですね。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

鈴木夏樹
毎週末、夫と3歳になる娘と一緒にどこかに出かけています♪連休が取れたら必ず旅行!というくらいの旅行好き♡海外旅行には最近行けていませんが、旅行情報を見ているだけでも楽しくなっちゃいます♪

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

お金

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品