ライター
伊達 瞳 旅好き会社員

無類のコーラ好き!そして食べることが大好き。世界のディズニー制覇を目指し中、達成まであと2ヶ国!各国のオリジナルの洋服アクセサリーブランドを探すことが好きで、今一番行きたい国はケニア!リアルライオンキングを体験したい。

 

旅中は、素敵な宿と朝・昼・夕食付き

いちいち可愛い宿泊施設


クイーンズタウンでは3泊。お花に囲まれて素晴らしい朝を3回も迎えました。「こんなに良いところ泊まれるんだ!」と思わず声をあげてしまうほど。


オハウ湖での滞在はまるで別荘気分、施設にある卓球台からはこんなに綺麗な景色。部屋から飛び出して目の前に広がる湖へダイブ!…しているトリップメイトもいました。


宿泊施設は全てがツボ。景色も部屋も綺麗。施設によって、2人部屋だったり4人部屋だったり、と異なりました。部屋決めは、バス車内で回ってくる用紙に名前を書いていく方式。毎晩が修学旅行のようでとても楽しいです。2段ベットの上でお菓子食べてはしゃいだり…みんなで他愛のないお話をしたり。

 


宿が可愛いので、オシャレSNAPだって撮れます♡

 

トリップメイトとのご飯Time


トリップメンバーと一緒に食べるご飯の時間はとても楽しいです。でも、会話は全て英語です。私は英語が堪能ではないですが、こういう他愛のない会話を聞けるのはこのトリップならではだな、と思いiPhoneの「ボイスメモ」機能を使って録音しておきました!後に役立つこと間違いなし。

※トリップ代金には、朝食6回/夕食3回/アフタヌーンティ1回、毎日の宿泊代金が含まれています。参加するトリップにより、内容は異なります。

みんなでご飯を食べた後は、トリップメンバーで「Ice Bar」へ。-20℃の世界で乾杯!みんなとの仲も一層深まります♡

 

ご飯が付いていない時は好きなものを食べる


ニュージーランドではパイが有名でした。中にはラム肉やステーキがゴロゴロ入っていて、これがとても美味しい♡食べたいものだってガッツリ食べられる、バランスが良いのもこのトリップの魅力。


有名なハンバーガー屋さんに行ったり、お米が恋しくなったら中華料理屋さんに行ったりと、食べることが大好きな人にもとっても嬉しい。

 

オプショナルツアーは盛りだくさん


フリータイムでは、オプショナルツアーに参加。氷河ハイキングを体験し、トリップメイトとヘリに乗って氷河のあるところまで行きます。ヘリから見下ろす風景はまるで、ディズニーアニメ「ライオンキング」の世界のようでした。


目の前に広がる氷河に圧倒!氷河って、青いんだ。と絶景にうっとりしていました。

2.5日あるフリータイム中は、氷河ハイキング以外にも、大自然の中を乗馬体験、スピードボートに乗って川下り、ロードオブザリングのロケ地巡りなど、数種類のオプショナルツアーがあります。

※トリップ代金にオプショナル料金は含まれません。

フリータイムではクイーンズタウンを満喫


いつもより少し早起きをして、おしゃれなカフェで朝食♪自分の好きなように過ごせるフリータイムは、とても貴重な時間です。ゴンドラに乗って綺麗な街を見下ろして、お昼寝。なんて最高な1日なんでしょう。「このトリップ最高すぎる」と何度も呟いていました。

 

やっぱり英語が話せるようになりたい

このトリップでの会話は全て英語、トリップリーダーが説明してくれるのも全て英語。私は決して英語が堪能ではありませんが、自らをそういった環境に身をおくことが少しでも意味があるものになると思い、リアルな英語を聞けるということと、自分が持っているコミュニケーション能力だけで飛び込みました。

英語がペラペラではなくても、英語を使ってコミニケーションしようとする姿勢がとても大切です。頑張っている姿はみんな理解してくれます。もし、話しかける勇気がなかなか出ない、何を話したらいいかわからない方は、集合時間など重要な情報を聞き逃した時に、リーダーにメモに書いてもらったり、仲良くなったトリップメイトに聞き直してみましょう。コミュニケーションを取るきっかけにもなるでしょう。

このトリップで私は、日本で勉強するのもいいけれど、食事中や他愛ない話をしているみんなの会話をiPhoneのボイスメモ機能に録音して、帰国してから勉強ができるように記録に残しておきました。留学やワーキングホリデーに行きたいと思っている人は、このトリップに参加して、英語力だけでなく知らない人と関わろうとする力も養える環境に身をおいてみるのもいいのではないかな、と思います。思う存分旅もできて、世界中に友達を作ることができる、そんな環境って最高じゃありませんか?

 

だから、意味のあるものにしたくて、英語でインタビューしてみた


せっかく参加したんだもん、意味のあるものにしたいと思って、トップデックの魅力を探るべくインタビューしてみました!

⬛︎質問内容
Q1,トップデックに参加するのは何回目?
Q2,あなたの国でトップデックは有名?
Q3,なんでドップデックに参加しようと思ったの?
Q4,もう一度参加したい? yes→なんでそう思ったの?


スイスから来た彼女、オーストラリアで半年間の語学学校を経て今回のトリップに参加したそう。

Q1,初めて
Q2,聞いたことなかった
Q3,旅行会社が勧めてくれた
Q4,参加したい!


イギリスから参加した彼女は24際、普段は教育の仕事をしていて今回は一人での参加だそう。

Q1,初めて
Q2,人気がある
Q3,旅行会社が勧めてくれた
Q4,参加したい! とても良いプランだし、親しみやすい


26歳の彼女も教育の仕事をしているそう。オランダ出身で一人での参加ですが、このトリップの前に30日間オーストラリアを旅したとのこと…。さすが外国、長期休み万歳です。

Q1,2回目(オーストラリアのトリップに参加してからニュージーランドトリップに参加)
Q2,聞いたことなかった
Q3,インターネットで見つけた
Q4,一緒に旅しているグループはとても最高だし、トリップの内容がとても良い!

また、カップルでの参加者も多く、スペインから来た男女は、とても良い経験になるまた利用すると思う。と答えてくれました。みなさん、今回のトリップを経験して、大変気に入っているようでした。私の下手な英語にも快く答えてくださり、ありがとうございました。

 

次も参加したい、そう思う理由


インタビューでも答えてもらった通り、トリップの内容がとても良いこと、トリップリーダーの臨機応変にプランを変更(例:雨が降っているから別の場所に行こう、このあたりはホタルが見れるから、夜、みんなで見に行こうなど)、ニュージーランドの良いところをたくさん見せてくれるところや、バス車内ではみんなが盛り上がる音楽をかけてくれます。


7日間も一緒に居たらみんな顔見知り、いろんな国のお話を聞くことができるし、日本に行きたいと言ってくれる人ばかり。昔から友達だったんじゃないかと思うほど仲良くなっている人もいました。こうした出会いって、素敵ですよね。お別れはその分辛いです。

自分たちだけでプランを組むと、どうしても行ける範囲が限られると思います。このトリップでは身を委ねていれば次の目的地に連れて行ってくれるし、知らない土地を緊張感を持って運転するということもありません。

思い切り大自然を楽しむことができ、自分たちで旅のプランを決めるよりも多くの景色や、物事を吸収できる環境でもあると言えます。こんなに至れり尽くせりのトリップ、参加しないわけがない!トップデックは、2016年の7月に日本に上陸したばかり、私はヨーロッパ周遊をしてみたいので、次はヨーロッパのトリップに参加しようかな♪

 

Topdeckのバストリップをご検討中の方は

現在H.I.Sでは、5月5日まで対象商品30%Offキャンペーンを開催中です。絶対お得、この機会に是非!

リピータや友達と申し込むと割引もあるので、詳しくはTopdeckにお問い合わせください。

ライター
伊達 瞳 旅好き会社員

無類のコーラ好き!そして食べることが大好き。世界のディズニー制覇を目指し中、達成まであと2ヶ国!各国のオリジナルの洋服アクセサリーブランドを探すことが好きで、今一番行きたい国はケニア!リアルライオンキングを体験したい。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング