editor
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

実際に稼げるか試す期間を設ける

勢いで会社を辞めてしまうのではなく、実際に稼げるかどうかを確かめる期間を設けることがとても大切です。

会社員をしながら仕事を受注することは可能ですし、今は副業を許可している会社も少なくありません。正社員を辞めた後仕事が受注できるかどうか、自分に合っているか、今後続けていくことができるのかを、会社を辞める前に試してみてください。

 

私もフリーランスとして独立する前は会社員をしながらライターとしての仕事をはじめ、感触をつかんでから正社員を辞める決意をしました。それでもここまで来るのに苦労はしたのですが、何も確証がないまま会社を辞めていたら……と思うと怖くて堪りません。

もし、どうしても稼げなければフリーランスとして別の職種にチャレンジしても良いですし、途中でフリーランスとして稼いでいくことに希望が持てなくなったら、いつでも専業会社員に戻ることだってできます。

実際にフリーランスの人と話す

実際にフリーランスとして活動している人と話すことで、自分のフリーランスとしてのイメージを想像することは、これまで憧れだったものを現実化するために非常に大切です。同じ職種ですでに独立している人に話を聞くことができれば、よりリアルで理解しやすいでしょう。

インターネットには様々な情報が流れています。しかし、中には嘘ばかりの情報を並べたものや、大げさに表現されていることもあります。一番確実なのは先輩フリーランスに聞いてみること。もしかしたらネットでは書けない本当の話や今だから言える話など、貴重な話を聞き出すことができるかもしれません。

旅人フリーランスは想像よりもずっと厳しいしつらい

実は私は、旅人フリーランスになりたかった訳ではありません。今でもチャンスがあれば正社員に戻りたいな、と頭のどこかで考えています。

それくらいフリーランスは私の想像よりもずっと厳しく、大変でした。今でこそ執筆のお仕事で生計を立てられるようになりましたが、最初の数ヶ月は精神的にも経済的にもボロボロでした。

 

会社員だから旅ができないなんてことはありません。実際に正社員でバリバリ働きながら有給や休暇を利用して世界中を旅しているリーマントラベラーの人たちもたくさんいます。もちろん会社にもよるので、旅ができそうな会社に転職するもアリ。

人生は一度きりなので、ぜひ後悔をしない人生選択をしてください。

 

ここまで色々考えた上で「旅人というスキルを活かして正社員で働きたいなあ」「やっぱり旅に関わる仕事がしたい!」「旅人を活かして仕事をしたい!」と転職を考えている旅人は、就職・転職支援サービス「旅人採用」をぜひ使ってみてください。

世界を旅した旅人のためのサービスで、旅人じゃなきゃ雇えない!という企業ばかりが集まっている素敵なサービスです。

 

旅人だからこそできること、経験してきたことを、ぜひ「旅人採用」を通じてアピールし、仕事に活かしていきましょう!みなさんが素敵な仕事を見つけられますように。

All photos by unsplash

editor
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事