ライター
髙橋 諒馬 フォトライター

1992年、大阪生まれ。防衛大学校卒業後、陸上自衛隊の幹部として勤務するが、もっと様々なことに挑戦したいと思い退職。その後バックパッカーとピースボートで世界を2周。訪問国は40ヶ国。現在はフォトライターとして活動中。2020年9月〜キャンピングカーでアメリカ横断〜イギリスで2年間ワーホリ。

 

株式会社Resorz 兒嶋裕貴代表取締役

photo by Shutterstock

大学在学中から50ヶ国以上を旅している兒嶋氏は、「株式会社Resorz」を設立し、海外ビジネス展開をしたい日本企業向けのプラットフォーム「Digima~出島~」を運営しています。

彼は日本の「周りに合わせる」という風潮に息苦しさを感じて世界に飛び出し、日本の日常が海外の非日常であることを目の当たりにしました。日本は平和で豊かな国のはずなのに、どこか病んでいるように感じ、今の日本を変えたいという思いから起業したそうです。

 

株式会社trippiece 石田言行取締役

photo by Shutterstock

ユーザー企画型のソーシャル旅行サービス「trippiece」と、観光・おでかけのキュレーションサービス「RETRIP」を手掛ける「株式会社trippiece」。その創設者であり、現取締役の石田氏も、世界を旅する旅人です。

大学時代にバングラデシュへのスタディツアーを企画し、SNSを通じて参加者を集めたことが、「trippiece」の立ち上げに繋がりました。ユーザーが企画し、それに賛同する人が集まることでツアーが実現するという、新しい形の旅行体験が人気です。

 

株式会社SAGOJO 新拓也代表取締役

photo by Shutterstock

企業と旅人をマッチングする求人サイト「SAGOJO」を立ち上げた新氏は、大学時代に東南アジアとインドを中心に旅をしていました。「SAGOJO」は、旅の社会的価値を上げ、旅する人を増やしたいという思いから始まったサービスです。

企業が依頼する仕事を、旅人がリターンを得て実行するという、旅人が社会に役立つ仕組みを提供しています。旅することが社会からはみ出ることではなく、旅自体がキャリアアップや収入源になる人が増えるような社会を目指しています。

 

株式会社ビラスタート 吉野裕斗代表取締役

photo by Shutterstock

東南アジアを舞台にした教育研修事業「旅革命」を運営している「株式会社ビラスタート」。CEOの吉野氏は、高校時代に休学し、8ヶ月間で29ヶ国を周る世界一周をしました。

現在は、大学に通うかたわら旅革命を運営し、各地で講演会を行ったりしています。今年に入ってからは、愛知県にAO入試対策塾「MyAO」を開講したりと、これからますますの活躍が期待されます。

 

旅の経験が価値になる

photo by Shutterstock

今回は、旅の経験を生かして起業した、8人の社長を紹介しました。この他にも、帰国後に旅の経験を生かして活躍している人はたくさんいます。

これからは旅の経験が価値になる時代。みなさんが日本を飛び出すことで得たたくさんの経験が、これからの社会に役立っていくのです。あなただけの素敵な経験を活かして、これから社会で活躍していってください。

 

旅人採用、はじめました。

旅に出る前も帰って来たあとも、気になるのはたった一つだけ。就職できるのかどうかではありませんか?「旅に出たから就職が難しい」「再就職が不安だから旅に出られない」果たしてそうでしょうか。

旅に出て世界を見て来たからこそ、社会を変えて欲しい、変えられる。旅した経験が武器になる。そんな世界を創り上げたい。そんな思いからTABIPPOは「旅人採用」をはじめました。

詳しくは下のバナーをクリック!

ライター
髙橋 諒馬 フォトライター

1992年、大阪生まれ。防衛大学校卒業後、陸上自衛隊の幹部として勤務するが、もっと様々なことに挑戦したいと思い退職。その後バックパッカーとピースボートで世界を2周。訪問国は40ヶ国。現在はフォトライターとして活動中。2020年9月〜キャンピングカーでアメリカ横断〜イギリスで2年間ワーホリ。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング