ライター
桃(Momo) TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

彩愛

彩愛

【プロフィール】
1986 年、名古屋生まれ。これまでの訪問国数約40ヵ国150都市。家族も旅行好きで、親友がアメリカに引っ越してしまい「遠距離友情」を育むうちに海外や英語に興味を持つようになりました。高校生の時に夢を「アメリカ留学・CAになる・宿を作る」の3つに決め、全てを叶えてきました。

現在は外資系CAを続けながら、神津島でB&B「みんなの別荘ファミリア」の経営とという誰よりも海を越えて「旅する女将」として奮闘中。

【経歴・職務内容】
大学2年の時にロサンゼルスへ1年間留学、夏休みにはホテルでインターンにも挑戦したしました。卒業後は念願のCAとして就職し、マカオで二年間暮らしました。その後現在の航空会社(外資系)へ転職し、東京に引っ越します。休みが多い会社なので、海外に頻繁にでかけたり、TABIPPOのライターや英会話講師の副業もはじめました。

2017年に東京の離島神津島にB&B「みんなの別荘ファミリア」をオープン。美しい自然に囲まれ、人の優しさが心地よい島での暮らしを満喫しながら、新しい挑戦を続けています!

ズバリ航空業界です。

他の設問でもちらっと書きましたが、渡航先での滞在期間が長い場合は旅行気分も味わえますし、何と言っても社員割引が使えることが魅力です。会社の規定にもよりますが、自社便なら税金以外は無料というのも聞いたことがありますよ。

お得なところだけでなく、機内でのお客様や同僚も沢山の地域から人が集まるので、とても刺激的です。

また、外資系航空会社は、海外ベースでの募集も多いので、海外に住みたい人にはもってこいです。そして日本企業とは違い、副業オッケーの会社も多いので、いずれはフリーランスにという方にもピッタリではないでしょうか。

 

クルーは潰しが効かない職業と言われることもありますが、コミュニケーション力はもちろん、マルチタスクや先読みが上手になれる仕事なので、上手く海外ステイや休み時間を利用して起業することも十分可能だと思います。

わたしが現在勤める会社の同僚は、副業で警察官とか、インテリアの輸入販売、ヨガの先生など多才な方々がいっぱいで、いつも勉強になります。

桃(MOMO)

桃(MOMO)

【プロフィール】
1992年東京生まれ。観光に興味がないお散歩トラベラーとして、その都市を感じるのが好きです。「いつかヨーロッパを一人で旅したい」という小学生のころからの思いから、大学在籍中にアメリカ・イギリスへの短期語学留学を経てヨーロッパ一周へ。

新卒でベンチャーの旅行会社に就職し、2年間で12回の営業トップ成績を納めました。現在はフリーのライターとしてTABIPPO編集部でライター兼編集を担当。その他複数メディアでライターとして執筆しています。書くことと同じくらい喋るのが好きです。

 

【経歴・職務内容】
新卒で入社した旅行会社では予約・手配課としてアメリカ・ヨーロッパ・オセアニアを担当しました。オーダーメイドの旅行プランを販売していたので、問い合わせを受けた時に頭の中で世界地図を描き、飛行機・ホテル・列車を繋げて一つの商品にするのがとても楽しかったです。

現在TABIPPO編集部では、一人でも多くの若者が旅に出て欲しいと思いを込めて記事を執筆、そして素敵な作品をより素敵になる手助けが出来るよう編集しています。

元々働いていたベンチャーの旅行会社は、旅行好きにはぴったりの業界だと思います!ただ旅行業界は古くから働いている人が多いので、会社によっては職歴でできる仕事が限られてきたり制限されてしまうことがあるので注意しましょう。

ガンガン仕事がしたい人は、ベンチャーかつ少人数精鋭の会社がオススメです。

 

旅行業界はいわば旅のプロ。相手にするのは旅に慣れていない方ばかりですが、とにかく旅の良さやそのエリアに行く楽しさをどれだけ本気で伝えられたかによって、面白いように数字や結果に反映します。

そしてお客さん側も旅が好きでよく海外旅行に行っている人や、旅慣れている人から生の声を聞いて担当してもらいたいと思っているのです。旅の魅力を直接伝えられるのは、旅行会社ならではではないでしょうか。

旅を仕事に活かす方法はいくらでもある


Photo by unsplash

航空会社やCA、旅行会社など旅好きがその知識を活かして働く仕事はもちろん、自分の旅はプライベートで営業トークや仕事にプラスアルファで活かせればいいなと思ったら、営業の仕事やIT系を選ぶこともできます。

自分は「旅」をどのように捉えて人生を歩んでいきたいか、旅と仕事の関係性を考えて進路を決めるのがオススメです。一度ゆっくり考えてみませんか。

 

「旅人を武器に仕事を選びたい!」「旅をステップアップにガンガン働きたい!」と思っている旅人は、就職・転職支援サービス「旅人採用」をぜひ使ってみてください。世界を旅した旅人のためのサービスで、旅人じゃなきゃ雇えない!という企業ばかりが集まっている素敵なサービスです。

旅人だからこそできること、経験してきたことを、ぜひ「旅人採用」を通じてアピールし、仕事に活かしていきましょう!みなさんが素敵な仕事を見つけられますように。

次の【旅と仕事について聞いてみた】は「旅と仕事の両立で尊敬している人、面白い人っている?どんな人?」です。

ライター
桃(Momo) TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング