ライター
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

彩愛

彩愛

【プロフィール】
1986 年、名古屋生まれ。これまでの訪問国数約40ヵ国150都市。家族も旅行好きで、親友がアメリカに引っ越してしまい「遠距離友情」を育むうちに海外や英語に興味を持つようになりました。高校生の時に夢を「アメリカ留学・CAになる・宿を作る」の3つに決め、全てを叶えてきました。

現在は外資系CAを続けながら、神津島でB&B「みんなの別荘ファミリア」の経営とという誰よりも海を越えて「旅する女将」として奮闘中。

【経歴・職務内容】
大学2年の時にロサンゼルスへ1年間留学、夏休みにはホテルでインターンにも挑戦したしました。卒業後は念願のCAとして就職し、マカオで二年間暮らしました。その後現在の航空会社(外資系)へ転職し、東京に引っ越します。休みが多い会社なので、海外に頻繁にでかけたり、TABIPPOのライターや英会話講師の副業もはじめました。

2017年に東京の離島神津島にB&B「みんなの別荘ファミリア」をオープン。美しい自然に囲まれ、人の優しさが心地よい島での暮らしを満喫しながら、新しい挑戦を続けています!

面白い人だと、リーマントラベラーの東松さんです。わたしと真逆だなと思って。

飛行機に長く乗ってると、機内はそれほど特別ではなくなるし、長距離フライトは大変と思えてきてしまうのに、短い休みに地球の裏側まで飛んでいってわずか十数時間の滞在とは…信じられません。いろんな旅の形があるんだなと衝撃でした。

 

尊敬しているのは、TABIPPOのみなさん。【旅で世界をもっと素敵に】という想いがメンバーみんなから伝わってきます。

たぶん、すごく激務な時も多いと思うんですが、ワクワクで溢れてるというか。トラベルライターとして初めて関わらせてもらった時と比べて会社自体も大きくなっているのですが、想いも更に強く、そして、より多くの人に伝わっているのではないかと思います。

そしてみなさん、個人でもいろんなところに旅しているのも魅力のひとつです。

桃(MOMO)

桃(MOMO)

【プロフィール】
1992年東京生まれ。観光に興味がないお散歩トラベラーとして、その都市を感じるのが好きです。「いつかヨーロッパを一人で旅したい」という小学生のころからの思いから、大学在籍中にアメリカ・イギリスへの短期語学留学を経てヨーロッパ一周へ。

新卒でベンチャーの旅行会社に就職し、2年間で12回の営業トップ成績を納めました。現在はフリーのライターとしてTABIPPO編集部でライター兼編集を担当。その他複数メディアでライターとして執筆しています。書くことと同じくらい喋るのが好きです。

 

【経歴・職務内容】
新卒で入社した旅行会社では予約・手配課としてアメリカ・ヨーロッパ・オセアニアを担当しました。オーダーメイドの旅行プランを販売していたので、問い合わせを受けた時に頭の中で世界地図を描き、飛行機・ホテル・列車を繋げて一つの商品にするのがとても楽しかったです。

現在TABIPPO編集部では、一人でも多くの若者が旅に出て欲しいと思いを込めて記事を執筆、そして素敵な作品をより素敵になる手助けが出来るよう編集しています。

たくさんいらっしゃるので決めるのが難しくとても悩んだのですが…女忍者さん(さやさん)です。

ピンクの女忍者姿で世界一周を経験し、日本に帰って来てやっぱり旅しながら仕事がしたい!と奮闘。今年念願の海外ノマドを達成された、非常に努力家の方です。

実は、日本と台湾でお会いする機会があったのですが、非常に気さくで優しいお姉さんみたいな方。とにかく旅が大好きすぎること、一度決めたことはコツコツ続けられる力を持っていること、目標に向かって一生懸命なところを尊敬しています。

 

「旅をしながら仕事をする」は非常にハードルが高く、目指して頑張る方でも挫折してしまう方がほとんどで、楽しそうに見えて葛藤がある目標なのです。きっと私たちが知らないところでたくさんの地道な努力が女忍者さんの今に繋がっています。

「旅しながら仕事をしたい!」と本気で思っている方は、まずは女忍者さんを目指すと良いと思います。

まずは尊敬する人や刺激的な人を追いかけること


photo by unsplash

今ご紹介できなかった中にもたくさんの面白い旅人がいます。一番のオススメは実際にお会いして話を聞くこと。例えば旅イベントに参加してみたり、TABIPPO主催の旅大学に参加してみたり…。

刺激的な話を面白い人から聞けば聞くほど、自分が将来どういう風になりたいのか、どんな方向に進んでいけばいいのか、ヒントをもらえることもあります。ぜひ積極的に交流の機会を狙ってみてください。

 

「旅人を武器に仕事を選びたい!」「旅をステップアップにガンガン働きたい!」と思っている旅人は、就職・転職支援サービス「旅人採用」をぜひ使ってみてください。世界を旅した旅人のためのサービスで、旅人じゃなきゃ雇えない!という企業ばかりが集まっている素敵なサービスです。

旅人だからこそできること、経験してきたことを、ぜひ「旅人採用」を通じてアピールし、仕事に活かしていきましょう!みなさんが素敵な仕事を見つけられますように。

次の【旅と仕事について聞いてみた】は「もし18歳に戻ったらどんなキャリアを歩む?」です。

ライター
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング