旅人が就職活動でPRできる7つの力
ライター
前田 塁 TABIPPO / 創業メンバー

TABIPPO創業メンバーで、世界78ヶ国を旅しながら仕事をしてます。せっかく現代に生まれたのだから、世界にあるすべての国を訪れて、宇宙を旅行して、仕事でも成功する、そんなワークライフカオスな人生を目指しています。

今あるもので最大限の楽しさを見出そうとする旅人は環境への順応力がとても高いです。新しい仕事や職場を任されても、あっという間に馴染める人たち。

同様に人間への順応もできるので、他人への好き嫌いが少なく良い関係を築くことが得意です。そういえば、食べ物の好き嫌いもとても少ないですね。

 

継続力

継続力

旅行にはお金と時間がかかります。読書や映画・音楽鑑賞ほど手軽にはじめられる趣味ではありません。日本にいない時間が長ければ、周囲の理解を得るために骨を折ることもあるでしょう。

それでも、好きなものを諦めずに続けてきたことは1つの実績です。旅って言っても趣味だから…と謙遜しすぎる必要ありません。就職活動であなたの発言をどう受けるかは人事担当が決めることなので、気にしすぎなくてOKです。

 

まとめ

今回の記事は以上です。就職活動で旅人がPRできる7つの力を改めてまとめます。

・計画力
・情報収集力
・判断力
・危機管理能力
・順応力
・コミュニケーション力
・継続力

旅人がどうやって旅人らしい仕事を探すのか?という点については、別記事に転職サイト・エージェントをまとめたので、参考にしてください。一見が面倒なのでエージェントを避ける人が多いのですが、就職活動には説得力を生むための客観的な視点が必要なので、1人で進めるよりエージェントと2人3脚した方が、うまくいきます。

参考記事:旅行系に強い3つの転職サイト・転職エージェント【手に職は当たり前】

 

Licensed material used with permission by 旅人が就職活動でPRできる7つの力 | Work Life Chaos

ライター
前田 塁 TABIPPO / 創業メンバー

TABIPPO創業メンバーで、世界78ヶ国を旅しながら仕事をしてます。せっかく現代に生まれたのだから、世界にあるすべての国を訪れて、宇宙を旅行して、仕事でも成功する、そんなワークライフカオスな人生を目指しています。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング