ライター
清澤 一輝 クリエイター

学生時代にバックパックひとつで、世界を西回りにぐるりと一周。日本にいた頃は英語も喋れず、今まで”ひとり旅”もしたことがなく「世界一周」がはじめてのひとり旅。人生において1番大切なことは「行動」し、「経験」することだと信じている経験主義者。好きな飲み物はチャイ。

 

現段階で「就活が…」「恋人が…」なんて言っている何倍にも、多くのものを背負い、簡単に行動できなくなります。

だからこそ、そうなる前に!自由な「学生」であるうちに!背負うものもなく、時間に余裕のある今!行動するにはもってこいのタイミングです!

 

“いつか”を待っていては、絶対に訪れない

auroras-1203288_1920

photo by pixabay

小学生の頃から「ONEPIECE」や「インディージョーンズ」のような大冒険に憧れていて、「いつか世界一周したいなぁ〜」と思っていました。

ですが、大学4年生の時、周囲のみんなと一緒に就活をしていて思いました。

 

「“いつか”したい世界一周の“いつか”っていつだろう?」って。きっとこのまま社会人になって、色々背負って、結局できないんだろうな…。

「そんな人生は嫌!」だと思いました。この先、やらなかったことを後悔して生きていくことは出来ませんでした。

その日、僕は頂いていた「内定」をお断りし、「世界一周」を決意しました。人生の中の「いつか」を取り除くために…。

 

大学4年生でも十二分間に合う!一歩踏み出すかどうかはアナタ次第!

このTABIPPOや多くのSNSで実際に旅をしている学生を見てみると、大半が大学2,3年生だということによく気づきます。

周囲にも、大学4年生になってから世界一周に出かける学生は少ないでしょう。世間一般的に「大学4年=就活」というものがあり、「したかったけど、もう遅いな…。」なんて諦めている学生も多いかと思います。

 

しかし、「僕たちはまだ学生じゃないですか!」

“失敗”も含め今後の人生の糧とする力があります!「僕たちはまだ何者でもない。だからこそ何にでもなれる。」僕はこの言葉を胸に学生として、「世界一周」の旅に旅立ちます。

もちろん、TABIPPOでも記事を書きますがよければ、ブログやインスタグラムも見てみてください!これを見ている大学4年生!僕たちは「可能性の塊」だ!一歩踏み出すかはアナタ次第!

世界一周ホームページ:http://kazukiyo–0427.wix.com/walkingontheearth

Instagram:https://www.instagram.com/kazukiyo0427/

ライター
清澤 一輝 クリエイター

学生時代にバックパックひとつで、世界を西回りにぐるりと一周。日本にいた頃は英語も喋れず、今まで”ひとり旅”もしたことがなく「世界一周」がはじめてのひとり旅。人生において1番大切なことは「行動」し、「経験」することだと信じている経験主義者。好きな飲み物はチャイ。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング