アメリカ英語とイギリス英語の発音の違い
その他

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

また、oftenは、アメリカ英語では「オーフン」のような発音ですが、イギリスでは「オフトゥン」のような発音になります。

 

“a”の発音の違い

’a'の発音の違い

photo by shutterstock

学校で、appleという語の発音を習った時に、”a”を【アとエの中間音】と習った方も多いと思います。もちろん、発音記号としては双方とも同じですが、この音でも、イギリス英語では、あまり口を横に広げて発音しないようです。

アメリカ英語は、この音を多用するのに対し、イギリス英語では、あまり強調して発音されない傾向があります。

例を見てみましょう。aunt、bath、can’tなどは、アメリカ英語では【アとエの中間音】を用いて発音されますが、イギリス英語では「アー」と口をたてにあける感じで長めに発音され、「エ」音の要素は全く入りません。

 

“i”の発音の違い

"i"の発音の違い

photo by shutterstock

globalization,とglobalisation。前者がアメリカ英語、後者がイギリス英語の表記です。「〜化する」という意味の -ize / iseですが、”i”の音の読みが「イ」「アイ」と異なります。

それぞれ、例にあげた単語は、「グローバリゼイション」(アメリカ)・「グローバライゼイション」(イギリス)と読まれます。

 

“o”の違い

"o"の違い

photo by shutterstock

goはもちろん、boat,coat,soapといった”oa”の綴りはいたるところにありますが、アメリカ英語ではそのまま口を丸めて「オウ」と発音するのに対し、イギリス英語では、すこし「ア」よりの発音をします。goが「ガウ」に近い音に聞こえます。

 

まとめ

地域ごとの差異は数えきれないほどありますが、米語・英語に大別しただけでも、沢山の違いがあります。

他にも、日本人の耳には聞き取りにくい、細かな違いもありますが、これらの大まかな発音の特徴を意識していると、聞き取ったり発音したりするのに役立ちます。

映画やニュースでも、米語・英語入り交じって話されていますので、ぜひ違いに気をつけながら聞いてみましょう。

 

TABIPPO×SchoolWith 共同「旅人応援プラン」始めました!

海外旅行の際の不安の 1 つに「言葉の壁」があると思います。世界への旅をスタートさせるその前に英語を習得しませんか?

「英語を話せなくても旅はできる」これは事実ですが、「英語を話せた方がより楽しく、かつ深い旅ができる」TABIPPO と SchoolWith はただ旅をするだけではなく、その旅で皆さんにより良い経験をしてもらうためのツールとして英語を話せるようになることをおすすめしています。

詳細はこちら→TABIPPO×SchoolWith 共同「旅人応援プラン」

その他

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング