writer
亀山 大樹 世界一周経験者

大学を休学して183日間で世界一周の旅へ。『まだ見ぬこの世界を自分の五感で体感する』というテーマの下で、南米大陸や中東などを中心に回る。帰国後、日本広告学会関東部会主催の学生広告論文において銀賞を受賞。

 

9. ペンライト(I♡YOU)

DSC_0074

 Photo by Kei Matsui

空中に文字を描いて、反転させて映し出すのが人気です。カメラのシャッターを開いてる間にペンライトを動かして撮ります。ペンライトはなるべく光が強いものの方がオススメで、弱いとはっきりと映らない場合があるので注意です!

 

10. タオル(綱渡り)

11004033_677217222400719_1997615591_n

Photo by Hideki Hirahisa

タオルをぐるぐる巻きにして綱のように見立てています。他にも使い方がありそうです。

 

11. 傘(今なら飛べる気がする)

1623612_585990228156383_1728937512_n

Photo by Maiko Ikeda

折畳み傘でもこんなに綺麗に映るので、ぜひ持っていきましょう!

 

12.ボール(落っこちてきたー!)

11041400_624340057699939_1948890786_n

Photo by あもん

これもなかなか良い一枚ですねー!!ボールと下の人たちの距離感が絶妙!何回トライしたんでしょう。笑

 

13. 風船(私も飛べる気がするの)

11026423_918225204905038_172151746_n

Photo by Mizuki Morishita

ウユニ塩湖の絶景でカラフルな風船を持って写真を撮ってもらえるなんて、素敵ですよね!品質面とかも考えると、荷物にならないので日本から持っていくのもアリ。女の子は是非!!

 

14. 衣装(ウエディングドレス)

11018317_10204497445294169_478330265075862341_o

Photo via Backpack Wedding

BackpackWedding(http://backpackwedding.com/)でもおなじみの二人。南米らしさを取り入れつつ、ドレスアップ!この配色はうっとりですわ…

DSCF0520_remake6

Photo by Ryo Hasegawa

同じ構図で色んな場所で撮り続けている長谷川夫妻。旦那さんのりょうさんが、株式会社CRAZY(http://touchthecrazy.tumblr.com/)にて社員全員で世界一周をした際に撮影。

ウユニ塩湖で映える写真を撮るには、なるべくカラフルな色を使うのがオススメです。また、なにかしらのコンセプトを考えた衣装で撮ると、とっても素敵ですね。

 

15. 水晶(反転した世界をもう一度反転させる)

1662437_585990471489692_682356677_n

Photo by Maiko Ikeda

この世界観、引き込まれますよね。他の人とは違う、あなたが見たウユニ塩湖の絶景をこんな形で残すのもいいですね。

 

あなただけの絶景を切り取るために本当に必要なもの

色々紹介しましたが、ステキな写真を撮るためには、アイテム・アイデア・根気強さの3つが必要です!あなたが見た絶景をあなたの表現で切り取りましょう。

 

writer
亀山 大樹 世界一周経験者

大学を休学して183日間で世界一周の旅へ。『まだ見ぬこの世界を自分の五感で体感する』というテーマの下で、南米大陸や中東などを中心に回る。帰国後、日本広告学会関東部会主催の学生広告論文において銀賞を受賞。

RELATED

関連記事