もう一度行きたくなるバヌアツの魅力【天国に2番目に近い国?】

Pocket はてブ

魅力3 人々の優しさ

photo by AYA

バヌアツの大きな魅力の1つに「人々の優しさ」があります。タンナ島では、決して物を売りつけるわけでもなく、呼び込みをするわけでもなく、車が通ると笑顔で手を振ってくれる。思わずこっちも笑顔になる。

首都ポートビラでも、バスに乗り合わせると毎回のように「どこからきたの?」「バヌアツではどこに行った?」「おすすめはねー……」なんて話しかけてくれる(みかんもくれちゃう)、とてもフレンドリーな国です。

営業でも何でもなく、ただ人とたくさん話したい!なんて気持ちが伝わってきます。

photo by AYA

市場でも、買った物を座って食べるところが見つからなくても、地元の食堂のおばちゃんが、「ここで食べてもいいよ!」って、座らせてくれる気前の良さ。

一人旅でも、寂しい思いをする隙を与えてくれないぐらいフレンドリーな国です。

 

魅力4 旅人にも便利なバヌアツの生活

首都ポートビラの中心部にある市場は、なんと24時間営業なんです!

その秘密は、売っている人が近隣の島々から来てるから。そこで取れた野菜や果物を売りに来て、全部売り終えたら帰るというシステム?なので、お店の人達はそこで寝泊まりしているのです。

photo by AYA

もちろん昼間が一番賑わっていますが、少し遅めの晩御飯でもいくつか食堂が開いているので困りません。大体は夕方ぐらいの市場が多いので、地元の市場にしては珍しい!

民族工芸品的なものも安くでたくさん売っているので、お土産を探すなら普通のお店よりも市場で買った方がだんぜん安いです。ただ、お土産ものの店は夕方4時頃には閉まるので注意が必要。

photo by pixabay

首都ポートビラには電車はありません。地下鉄もトラムもありません。その分とても便利なバス(ミニバン)がありますが、なぜかバス停はありません。

何とポートビラのバスは手を挙げると停まってくれて、行き先を告げるとそこまで連れて行ってくれるのです。あまりにも遠すぎると値段は変わるのかもしれませんが、市内から空港まで(約10Km)でも150VT(約150円位)。

まるで、タクシーのようなバスですよね。本当に便利で重宝します!

 

ゲストハウスを出て1分もしないうちにバスが拾えるほど、たくさん走っています。もちろん乗り合いバスなので回り道は覚悟の上ですが、「回り道するけどいい?」と親切に聞いてくれます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。勿論ここに紹介した場所以外にもバヌアツには魅力いっぱいの島々が点在しています。

  photo by AYA

手付かずの自然が残り、まだまだ未開拓であまり観光地化されすぎていないバヌアツ。人の温かさにもダイレクトに触れられる国。普段の日本での生活の中で忘れていた何かをふと思い出させてくれる国でした。

同じ島国の住民として学ぶこともたくさん。バヌアツの島時間に身を任せて、島国ライフを楽しんでみてはどうでしょうか。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

 クライミング、動物、カメラ、海、語学、ファッション、Dr.Martensが好きな関西人。歴史の教科書の中だけじゃなく、本物が見たい!の一心で2013~14年に世界一周一人旅。その世界一周旅行で出…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

オセアニアのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品