writer
キタ トモミ TABIPPO編集部 / 愛犬家

*TABIPPO 専属ライター*​ 東京都出身、大自然に憧れるギャップ系女子。「1度きりの人生、世界を見てから死にたい!」という想いから20歳で初めての海外旅行へ。2ヶ国目のタイではタクシーで爆睡し、3ヶ国目のフランスでは列車で爆睡して待ち合わせに2時間遅刻してしまうほど大雑把で大胆な一面も。憧れの旅人はスナフキンで、将来は気の向くままに世界を放浪しながら仕事をして、自分の旅本を出すのが夢。

ベトナムの夜を観光する

SKY36

 photo by Mao Miyakoshi

ダナンのSKY36で夜遊びしよう

夜空に浮かんでいるような浮遊感! 夜景を見下ろすルーフトップバーで景色とお酒に酔いしれる

 

ベトナム観光のお土産を買う

ホイアン

 photo by ①Maki Yamamoto ②Satomi Kohda

①陶器が作れるタンハー村

足で回すろくろ技がすごい。陶器の里でお土産を買ったついでに陶器づくり体験をしたい

②優しい灯りで溢れるホイアン

夜を優しく照らす幻想的な灯り。赤やピンク、青のランタンを買って彼女にプレゼントしたい

 

ベトナムでしたいアクティビティ

ホイアンのランタン祭り

photo by Santiago Duarte/Shutterstock.com

365日の中で、いちばん美しい満月の夜を「ホイアンのランタン祭り」で味わう

世界遺産の町ホイアンで、毎月満月になる旧暦の14日に開催されるお祭り。その美しさは、「このためだけにベトナムに来る価値がある」と絶賛され、世界中から観光客が訪れるほど。屋台で食べ歩きをしながら日没を待てば、ランタンの灯が歴史ある街を柔らかく包み込む。また、川沿いではあらゆる場所でベトナムの伝統衣装を着た子どもたちが灯篭を売っているので、1つ購入して灯籠流しを体験するのも風情ある旅の思い出になるだろう。

バスケットボート

photo by Ann Moore/Shutterstock.com

一寸法師になったみたい! 名物「バスケットボート」に揺られる

ホイアン・ダナン周辺のもう1つのお楽しみが、お椀の形に竹で編まれたバスケットボートでのジャングルクルーズ。ココナッツヴィレッジという場所では、ボートの上から蟹釣りをしたり、投網漁を見学することができる。ベトナムの伝統的な帽子・ノンラーをかぶせてもらって舟を漕げば、気分は完全に昔話の一寸法師。

ハロン湾

 photo by ①Shandarov Arkadii/Shutterstock.com ②Blue Planet Studio/Shutterstock.com ③Dan Baciu/Shutterstock.com ④PhotoRoman/Shutterstock.com

①コンダオ島でジュゴンと泳ぐ

ホーチミン沖合いの手つかずの自然が残る島。人魚伝説の元となった神秘的な動物と泳ぎたい

②大自然溢れるサパを歩く

棚田や滝が美しい高原地帯。見渡す限りの緑の大地をトレッキングして、新鮮な空気を吸い込みたい

③ビーチリゾートニャチャン

なんだか名前がかわいいベトナム随一のリゾート地。カイト(凧)をあやつるカイトサーフィンで盛り上がる

④まるで水墨画のような世界。「ハロン湾」を豪華客船で悠々クルーズ

広大な湾内に浮かぶ大小2,000もの島々が見所。その景観美はいつか見た水墨画そのもの。オススメの旅は、1泊2日での豪華クルーズ。フレンチとエスニックが見事に融合したベトナム料理に舌鼓を打ちながら、絶景を眺めることはもちろん、岩島に上陸して鍾乳洞を探検することもできる。

 

ベトナムの文化・歴史を学ぶ

クチトンネル

photo by View Apart/Shutterstock.com

クチトンネルで戦争を知る

この穴の中に住んでいたなんて…全長250mの地下トンネルで、ベトナム戦争のおそろしさを肌で感じる

 

ベトナムについて調べている方に、人気の商品はこちらです

created by Rinker
ダイヤモンド社
¥1,870 (2020/07/08 17:45:07時点 Amazon調べ-詳細)

 

「この世界で死ぬまでにしたいこと2000」をチェック!

本記事の内容は、PAS-POLの書籍「この世界で死ぬまでにしたいこと2000」に掲載されています。地球上にある絶景、秘境、グルメ、 非日常…が2,000個ズラリと並んでいます。ページ数は496Pにもおよび、掲載国数は日本のガイド本史上最多の186ヵ国!

次に旅行の予定がある人にとって参考になることはもちろん、めくるだけでも旅へのワクワクが止まらなくなるはずです。TABIPPOの自信作、ぜひ手にとってみてくださいね!

writer
キタ トモミ TABIPPO編集部 / 愛犬家

*TABIPPO 専属ライター*​ 東京都出身、大自然に憧れるギャップ系女子。「1度きりの人生、世界を見てから死にたい!」という想いから20歳で初めての海外旅行へ。2ヶ国目のタイではタクシーで爆睡し、3ヶ国目のフランスでは列車で爆睡して待ち合わせに2時間遅刻してしまうほど大雑把で大胆な一面も。憧れの旅人はスナフキンで、将来は気の向くままに世界を放浪しながら仕事をして、自分の旅本を出すのが夢。

RELATED

関連記事