ライター

20歳の時に東南アジアをバックパック1つで周り、旅の魅力を知りました。大学卒業後、約4年間の旅行会社勤務を経て、現在はライターやイベント制作に挑戦しています!

上記の条件を満たし必要書類などを用意のうえ、現地にて2,000ルピーを支払えばアライバルビザの取得が可能です。

 

日本でのビザの取得方法

shutterstock_112044458 (1) (1)

photo by shutterstock

日本での申請はインドビザ申請センター東京またはインドビザ申請センター大阪オンライン申請フォームから情報の記入をして、ビザセンター行き申請を行います。

その他、代理業者での代行申請や、事前にインターネットで申請する方法(e-ツーリストビザ)もあります。

インドは12月1月が旅行者のピーク時期ですが、その他の期間でもビザセンターは大変混み合います。余裕を持った旅行準備を心がけたいものですね。

 

出発前には必ず確認を!

shutterstock_133339211

photo by shutterstock

アライバルビザの導入により、査証取得に一苦労だったインドがより身近になります。この機会に渡航を考えている方は日本国民であるアドバンテージを最大限に活用しましょう!

また査証に関する詳細は変更になる恐れがあります。事前に必ずご自身でご確認ください。

ライター

20歳の時に東南アジアをバックパック1つで周り、旅の魅力を知りました。大学卒業後、約4年間の旅行会社勤務を経て、現在はライターやイベント制作に挑戦しています!

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング