writer
喜多桜子@hossakuraworld カップルトラベラー

hossakuraworldの桜子です。 初めての一人旅は24歳の時に行った世界一周。 いつか新婚旅行で好きな人と世界を旅することが夢になる。 30歳の時、運命の出会いをして新婚旅行で世界二周目を達成! 旅をきっかけにインスタグラムを始め、そのフォロワーは2万人に。 「幸せ」をテーマに、カップルトラベラーとしても活動中!

他の国とは一味違う@東欧諸国

photo by hossakuraworld

他の国とは一味違うウォールアートを楽しめるのが、東欧諸国。東欧では、こんな女王様系のアートをよく見かけました。

歴史的な背景が垣間みれるのも、ウォールアートの面白いポイントだったりします。

photo by hossakuraworld

チェコで見つけたこのアートスポットは、誰もが自由に落書きができちゃうウォールアートなんです。斬新ですよね。

 

平和をうたうウォールアート@イスラエル

わたしが初めてウォールアートに興味を持つようになったきっかけがここ、イスラエル。イスラエルでも、先ほど紹介したバンクシーのアートはすごく有名です。

@_just_stories_akがシェアした投稿 – 4月 1, 2018 at 2:14午後 PDT

イスラエルとパレスチナ自治区の境目の壁に描かれており、平和への願いが込められています。バンクシーのものだけでなく、アートで壁が埋め尽くされています。

公にはできない、心の叫びみたいなものがアートから聞こえてくるような気がします。

フォトジェニックなアートも、もちろん素敵ですがイスラエルでは、アートを通じて考えさせられることがたくさんありました。

 

最旬ウォールアート@ハワイ・カカアコ

最後は、今ハワイで最もホットな場所だと言われている、ハワイ・オアフ島のカカアコをご紹介。

このエリアは最近、再開発地区となっていて、オシャレなお店なんかもどんどんオープンしています。そんな、カカアコで今、話題なのがウォールアート。

至るところに、ウォールアートが描かれています。

壁一面がレインボーというダイナミックな作品が特に大人気!

そして、もう一つインスタ映えスポットとして欠かせないのが、このモンスターのウォールアート。

photo by hossakuraworld

いつ行っても誰かいる人気スポットなので、旅人同士、仲良くなってお互いに満足のいく写真を撮りあってみてください。

 

まとめ

今回は、わたしが実際に訪れた、世界中のウォールアートをまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

インスタ映えスポットとしてはもちろんですが、それ以上にウォールアートには様々なメッセージが隠されていたりします。

撮影して楽しむだけでなく、是非そのアートの「意味」なんかも考えてみてください。きっと、何か感じるものがあるはず。

そして、街歩きが100倍楽しくなるはずです。

writer
喜多桜子@hossakuraworld カップルトラベラー

hossakuraworldの桜子です。 初めての一人旅は24歳の時に行った世界一周。 いつか新婚旅行で好きな人と世界を旅することが夢になる。 30歳の時、運命の出会いをして新婚旅行で世界二周目を達成! 旅をきっかけにインスタグラムを始め、そのフォロワーは2万人に。 「幸せ」をテーマに、カップルトラベラーとしても活動中!

RELATED

関連記事