other

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

郵便貯金局

photo by abe manami

一見博物館のようにも見えるこちらの建物は、オットー・ワーグナーが約100年前に設計したもの。自然の光を取り込むようなデザインや、キラキラ光る床など郵便局とは思えない素敵な空間にうっとりしてしまいそうです。

なお現在でも郵便貯金局として機能しており、実際に口座を作ることができるそうです。

■詳細情報
・名称:郵便貯金局
・住所:Georg-Coch-Platz 2, 1010 Wien

 

レオポルド美術館

photo by abe manami

画家「エゴン・シーレ」のコレクションを所蔵している世界最大のコレクション。美術館創設者は、ご子息ディートハルト・レオポルドさんです。

館内にはシーレの「ほおずきの実のある自画像」も展示。多くの作品のモデルを務め、公私にわたるパートナーであった「ヴァリ」の肖像画と並んで展示されています。

展示においても様々な工夫が施された美術館なので、ウィーンを訪れた際はぜひ立ち寄ってみてくださいね。

■詳細情報
・名称:Leopold Museum
・住所:Museumsplatz 1, 1070 Wien
・アクセス:地下鉄U3,U2 > Volkstheater / U2 Museumsquartier下車、市電 1, 2, D > Dr. Karl-Renner-Ring
・営業時間:10時〜18時、(木曜日: 10時〜21時)
・休館日:毎週火曜日
・電話番号:+43 1 525.70-0
・料金:フルチケット € 13.00
・公式サイトURL:http://www.leopoldmuseum.org/de/sprachen/ja

 

Eissalon Schwedenplatz


ウィーンでは、ぜひ町歩きをしながらジェラートを食べてみてください。ウィーンで1、2を争う人気だという「Eissalon Schwedenplatz」。駅を出てすぐ近くに見えるジェラート屋さんで、お店の前は人だかりがたくさんできていました!

私はピスタチオ、木苺、マンゴーをオーダー。なめらかな舌触りで、日本で食べるジェラートとは少し異なっているように感じました。

■詳細情報
・名称:Eissalon Schwedenplatz
・住所:Franz-Josefs-Kai 17, 1010 Wien
・アクセス:地下鉄U1,U4 > Schwedenplatz 下車、市電 1,2 > Schwedenplatz
・電話番号:+43 (0) 1 53 31 996
・公式サイトURL:http://www.gelato.at/

 

ハプスブルク家皇室御用達カフェ、デーメル

demel

photo by kawanet

デーメルはカフェ・ザッハーと並ぶウィーンの二大カフェのひとつ。カフェ・ザッハーとのザッハトルテ食べ比べも楽しみのひとつです。しかし、実はこの店での一番人気は濃厚なチョコレートとナッツのクリームが美味しい「アンナ・トルテ」。

こちらも濃厚な味でとても美味しいです。両方食べた私にとっては、アンナ・トルテのほうが好みでした。店内では、実際にトルテを作っている様子も見ることが出来ます

 

美術史博物館内のカフェ・ゲルストナー

「世界一美しいカフェ」とも言われている美術史博物館内にあるカフェ。壮大なドームの下にあり、大人気のカフェです。ディナーやブランチも楽しめます。美術館の入場券がないと入れないので、美術館賞と合わせて優雅なひとときを楽しんでください。

 

映画の舞台にもなったカフェ・モーツァルト

映画「第三の男」の舞台にもなったカフェ・モーツァルト。優雅で明るい店内もいいですが、晴れた日はテラス席もおすすめ。ウィーンでテラス席を初めて設置したのもこのカフェなんだとか。程よい甘さのバニラのムースとチョコレートが楽しめる、モーツァルトトルテが人気です。

 

数々の天才たちが通ったカフェ・ムゼウム

画家のクリムトやエゴン・シーレ、建築家のオットー・ワーグナーなど数々の著名人が通ったカフェ・ムゼウム。赤いソファ席でゆっくりとくつろいでみたいです。

ここは、スイーツだけでなくモーニング、ランチ、ディナーも楽しめ、評判になっています。交通に便利なカールスプラッツ駅のそばにあるので、街歩きの途中で寄り易いのもありがたいです。

 

宮殿内にあるカフェ・ツェントラル

cafecentral

photo by Ungry Young Man

カフェ・ツェントラルは元宮殿だった建物のなかにあるカフェ。高い天井と美しいアーチ空間の中で、優雅なひとときが過ごせます。そして、夜はピアノの生演奏付き!最高に贅沢な時間を楽しめます。

また、店内は勿論ですが、ここで提供されるケーキは見た目も本当に美しいものばかりです。ショーケース前でどれにしようか迷うのも楽しいです。

 

ワインと音楽を楽しむディナーを。「ヴェルサー」

ウィーンにはたくさんのワイナリーと併設した酒場があり、ホイリゲと呼ばれます。そんなホイリゲのなかでも私が特にオススメするのはヴェルサーです。

ヴェルサーではワインはもちろんのこと、横ではバイオリンなどを使った音楽の生演奏が!オーケストラのように構えることはなく、陽気に気軽に楽しめる、音楽の都のまた別の一面が楽しめます。

 

ウィーン料理店として一番人気「グリッヒェンバイスル」


せっかくウィーンに来たからには食べておきたいのが、ウィーン料理。そんなウィーン料理を提供するレストランの中で一番人気のお店が、ここ、グリッヒェンバイスルです。春のアスパラ料理、ノロ鹿料理、仔牛のカツレツなどが人気メニューです。人気ぶりが尋常ではないので、行く際には是非はやめのご予約を。

 

最後に

ウィーンにはまだまだ見所がたくさんあります。ぜひ、いろんな資料を見ながらじっくりとウィーンのプランを作ってくださいね。

ライター:阿部サキソフォン(郵便貯金局、レオポルド美術館、Eissalon Schwedenplatz)

 

ウィーンについて調べている方に人気の商品はこちらです

other

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

RELATED

関連記事