writer
いけっち サラリーマントラベラー

サラリーマントラベラーです。 公休と有給を、貪欲に組み合わせながら、年に3~5回は必ず海外旅行へ。細切れ世界一周中。夢は世界の野外フェス、レイブパーティー完全制覇。

対して細切れ旅行の場合、旅の間に日本の生活と言う日常がはさまります。そのため、旅への刺激や慣れを起こしにくい状態になると感じています。私が連続して旅をしない一番の理由は結構これかもしれません。

 

荷物とお土産問題

DSC_0204

photo by いけっち

たいていの短期旅行の場合、荷物の心配などがないため、おみやげを好きなだけ買えること。大きなスーツケースを持っていって現地の雑貨屋、お菓子を詰め込んで帰れる事は、短期旅行の醍醐味といえますやっぱり日本での日常はおもしろい

16043023330_760897b269_k

photo by Moyan Brenn

旅とは別の視点になりますが、日本で同じ仕事を続け、そして年々責任ある仕事をまかされたりすることは旅とおなじくらいエキサイティングです。日本での仕事をしている瞬間と、気ままに旅続けている瞬間。その二つが両方がバランスよく存在することで、よりかけがえのない瞬間になると感じています。

そのどちらかを細切れ旅行を選んだ一つの理由です。

 

まとめ

この比較に答えはありません。どちらの旅の仕方に喜びや価値をみつけるかは人それぞれだと思います。ただいつも注目されるのは、仕事をやめて世界を一周する長期旅行者の方です。私も仕事をやめて世界一周を真剣に計画し、貯金もし、周りに宣言もしましたが…結果、退職しない選択をしました。

今この記事を読んでいる旅行者の中にも私と同じ様な方はいらっしゃるのではないでしょうか?仕事の休みをやりくりする短期旅行者でも、長期旅行者と同じ様に、世界中のいろんな国いったり、長期旅行者のようなディープな旅もできると信じています。

 

それを実現するための方法を少しでもみなさんにシェアできえばと思い、いつも記事を書いています。サラリーマントラベラーのみなさんがより良い旅に出発できるきっかけに少しでもお役にたてれば幸いです。

writer
いけっち サラリーマントラベラー

サラリーマントラベラーです。 公休と有給を、貪欲に組み合わせながら、年に3~5回は必ず海外旅行へ。細切れ世界一周中。夢は世界の野外フェス、レイブパーティー完全制覇。

RELATED

関連記事