writer
中川 康雄 フリーライター

旅とWebとCultureと。世界一周の旅の途中。海外から日本にせっせと原稿を送る日々。

 

大道芸人

streetperformance

photo by Norio NAKAYAMA

昔から旅芸人という人びとはいましたが、現在でもそれは不可能ではありません。

場所を選べば、ストリートパフォーマンスに理解のある人びとから多くの投げ銭をもらうことができるでしょう。

実際に、日本人で大道芸をしながら、世界中を旅している人は存在します。なかにはそれだけで作った資金で、なんとエレベスト登頂を果たした人まで。

ただ、それだけで自活する難易度は高めといえるでしょう。

 

ネットショップの運営

buyer

photo by DiNo

例えば、旅先でしか手にはらないような商品を日本人をターゲットに販売したり。

ただ、場合によっては大荷物になったり、日本に協力者がいたほうがスムーズだったり。その点、面倒くさいことも多いかも。

多くの場合、最初に商品を購入する際に資本金を要しますが、例えば、「BUYMA(バイマ)」などでは、出品後に買い手がついてから、商品を購入できるサービスもあります。

 

翻訳家

translator

photo by Robert Scoble

ある言語を他の言語に翻訳するお仕事。翻訳する対象は多様で、本などの書籍から、製品の取り扱い説明書、ホームページの翻訳なども。

英語の翻訳は競争率が高いですが、英語以外の翻訳案件の競争率は低め。

PDFなどでデータを受け取り、辞書はウェブサービスでも何とかなるものも多いようです。

 

まとめ

いかがでしたか?キャリアを続行しながらも海外旅行もできる仕事の数々。

これらの仕事は、知識や技術、経験によって収入にとても幅があるのも特徴。最初のうちは、日本では生活できないくらいの収入しかえることができないかもしれせん。

そんな時でも、比較的物価の安い地域を旅しながら生活すれば、好きな仕事に没頭することもできます。例えば、東南アジアあたりでは、1ヶ月5万円くらい稼げれば普通に生活することも可能。

しかし、ノマドに限らずフリーランスは、結果がすべての世界。適当なことをしてたら、すぐに仕事を失ってしまいます。しっかりスキルアップして、自分にしかできない仕事の領域までいけたらいいですね!

writer
中川 康雄 フリーライター

旅とWebとCultureと。世界一周の旅の途中。海外から日本にせっせと原稿を送る日々。

RELATED

関連記事