ライター
いけっち サラリーマントラベラー

サラリーマントラベラーです。 公休と有給を、貪欲に組み合わせながら、年に3~5回は必ず海外旅行へ。細切れ世界一周中。夢は世界の野外フェス、レイブパーティー完全制覇。

 

海外フェスはシャッターチャンスの宝庫!Gopro

8415674798_7b5a7fead9_k-2

photo by phrawr

海外フェスの会場は本当にフォトスポットの宝庫。カメラ好きでなくてもきっとその景色や、臨場感を写真に収めたいと思うはず。

ただ、野外という過酷な環境の中では、一眼レフはおろかコンデジでさえも、持っていくのが億劫な状況。

そんな時、軽量でタフなGoproが威力を発揮します。一脚や動画機能をつかって国内では決して撮れない、ここだけの写真や動画を撮りまくりましょう!

 

iPhoneは防水ケースに

2220279995_5e5c042906_b

photo by いけっち

海外フェスのステージ演出は、日本の物とは桁違い。なにが違うかというと、降ってくる泡の量や火薬の量も違います。

わたし自身、ステージに近づきすぎて、気づいたら火薬で顔が真っ黒なんて経験も…

そんな状況の海外フェス故、いつも以上に精密機器の保護は万全に。

上でも書きましたが、シャッターチャンスも多いのでiPhoneなどは、しっかり防水・防塵されながらもカメラが起動できるようなケースが最もおすすめです。

 

トイレットペーパーやティッシュ

s_RIMG0867

photo by いけっち

夕方になってくると、簡易トイレの紙がなくなるのが海外フェスのお決まりです。なので、自前のポケットティッシュやウエットティッシュは生命線です。

トイレに並んでいると、周りの人に「ティッシュ頂戴」と頼まれる事も多々あります。

そのとき、日本高級セレブ系ティッシュを渡すと、他国の人はみんな「日本ティッシュってなんて柔らかいの!!」と驚いてくれます。多めに持っていきましょう。

 

やっぱり外せないパーティーグッズ

shutterstock_299742719

photo by shutettstovk

とにかく派手にやったもん勝ち!海外のフェスでは日本では見た事もない、パーティーグッズをもっている人がわんさかいます。

現地で買うのが一番お手軽ではありますが、調達の時間がない人や、よく海外フェスに行く人は自前のパーティーセット(ペンライトや蛍光ペイント、光り物グッズ)を日本から準備していきましょう。

会場についてからは派手にして楽しんだもの勝ちです。おすすめは、夜になってから映える、ライト系グッズですね。

 

まとめ

今回紹介した持ち物は、通常の海外フェス(デイイベント)の場合をイメージしながら紹介をしました。

これが、キャンプフェスになることで、他にもいろいろ便利グッズ、マストグッズが増えていくのですが、それはまたの機会に。

北半球では、これからいよいよ本格的な野外フェスシーズン。みなさんも夏休みやゴールデンウィークを活用して、ぜひ海外フェスにトライしてみてください。

ライター
いけっち サラリーマントラベラー

サラリーマントラベラーです。 公休と有給を、貪欲に組み合わせながら、年に3~5回は必ず海外旅行へ。細切れ世界一周中。夢は世界の野外フェス、レイブパーティー完全制覇。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング