【必見】海外で「やってはいけないこと」リスト
ライター
山内 修平 元TABIPPOスタッフ

18歳のときに初一人旅東南アジア一周を経験!その後インド二ヶ月や国内を回る。帰国後に”旅の魅力”を伝える活動に没頭する。 引率として大学生を連れ、東南アジア、社会人を連れ、キャンピングカーでアメリカ横断を果たす。アメリカ横断ブログ1位。 現在は、TABIPPO2015の幹部として活躍中。来年からは、広告業界の某企業に就職予定。

 

欧米では、トイレのドアをノックしない

「早く出て来い!」という催促の意味合いにとられてしまうようです。トイレを使用中かどうか確かめたいときには、ドアノブをひねりましょう。

 

イギリスでは、裏ピースはタブー

20408563_7d3139f439_z

photo by Ryosyke Yagi

裏ピースは、イギリスではとても失礼な意味を持っているので、絶対に使わないでくださいね。日本では、よくするポーズなので、気をつけましょう。

 

インドでは、物を渡すときは絶対左手を使わない

インドでは、左手で絶対に食事をとりません。食事以外では、物を渡す時、お金を払う時、握手の時など、左手を使うと失礼にあたるので、気をつけましょう。僕もインドに旅行中は、意識していました。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。日本では、当たり前のようなことも、海外では、常識外れになることもあるようです。日本だけの常識ではなく、もっと広い視野をもつことも大切かもしれませんね。

海外に行く機会がある際は、意識しましょう。

ライター
山内 修平 元TABIPPOスタッフ

18歳のときに初一人旅東南アジア一周を経験!その後インド二ヶ月や国内を回る。帰国後に”旅の魅力”を伝える活動に没頭する。 引率として大学生を連れ、東南アジア、社会人を連れ、キャンピングカーでアメリカ横断を果たす。アメリカ横断ブログ1位。 現在は、TABIPPO2015の幹部として活躍中。来年からは、広告業界の某企業に就職予定。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング