ライター

千葉県出身。将棋と筋肉とダイビングと宴を好むシャーロキアン。16年続けたダンスから離れ、何をしていいかわからないから旅を始めた。2018年3月より、「コンセプトがないのがコンセプトの世界一周へ」

9.ギリシャ語

photo by shutterstock

こんにちわ → Καλημερα カリメラ

ありがとう → Συχαριστο エフハリスト

さようなら → Αντιο アディオ

はい・いいえ → Ναι ネ・Οχι オヒ

ギリシャといえばなんでしょう?筆者の場合は、ギリシャ神話とサントリーニ島、美しい歴史がたくさんあるイメージです!ギリシャは歴史も古く、ギリシャ語といっても時代によって多くの種類がある言語です。それほど歴史のある言語と思うと、覚えるのにも色々気持ちが入りますよね。

 

10.ブルガリア語

photo by shutterstock

こんにちわ → Добър ден ドーバル ・デン

ありがとう → Благодаря ブラゴダリャ

さようなら → Довиждане ドヴィジュダネ

はい・いいえ → Да ダ・не ネ

ブルガリアといえばヨーグルト!というのは浮かぶんですが、ですが意外と、いったことがあるという人は少ない国なのも事実。ですがブルガリアは、ヨーロッパの中で1位を争うほどの物価の安い国で、ヨーロッパで滞在するのに適している国です。少し難しそうに見える言語ですが、これさえ覚えておけば!と思えば頑張れます。

 

11.クロアチア語

photo by shutterstock

こんにちわ → dobar dan ドバルダン

ありがとう → hvala フヴァラ

さようなら → do viđenja ドヴィヂェーニャ

はい・いいえ → da ダ・ne ネ

何年か前に、オススメの旅行先としてよく名前が上がっていたクロアチア。そもそもクロアチア語なんていう言語を知っている人も多くは無いと思いますが、発音が短いので簡単に覚えられます!ジブリ映画のモデルにもなるほどの美し街並みの中で、現地の言葉を扱っている自分に酔えちゃうかもしれませんね。

 

12.チェコ語

photo by shutterstock

こんにちわ → Dobrý den ドブリーダン

ありがとう → Dobrý den デクイー

さようなら → Na shledanou ナスフレダノウ

はい・いいえ → ano アノ・ne ネ

絵本から飛び出したかのような街並みのプラハを始め、歴史的建造物が多い国チェコ!スペルの量と、発音の長さがずれてる言葉がちらほらあります。ですが何と言っても、はいがano アノで、いいえがne ネ、「アノネ」って覚えておくだけで、軽い意思疎通ができる国って思うとなんか面白く感じませんか?

 

13.ルーマニア語

photo by shutterstock

こんにちわ → Bună ziua ブナ ズィーワ

ありがとう → Mulţumesc ムルツメスク

さようなら → La revedere ラ レヴェデーレ

はい・いいえ → Da ダ・Nu ヌー

ルーマニア語は使える国がとっても少ない言語です。ですがそれだけに、覚えておくと現地の人に、おっ?こいつルーマニア語喋ってるじゃん。って思われる確率が高いとも言えます。

日本にいて外国人が日本語で喋りかけてきた時や、自分が外国に行った時に日本語を使う時に似た安堵感みたいなもの感じたことありませんか?母国の言語を聞くだけで親近感が湧きますから、ルーマニア人と会ったらぜひルーマニア語で話しかけましょう。

 

14.フィンランド語

photo by shutterstock

こんにちわ → Hyvää päivää ヒュヴァーパイヴァー

ありがとう → Kiitos キートス

さようなら → Näkemiin ナケミーン

はい・いいえ → Kyllä キュッラ・Ei エイ

夏は白夜で冬はオーロラ、マリメッコやムーミン、それに何よりサンタクロースが生まれた町でもある。挙げ出したらきりがないほど濃い国フィンランド。フィンランド語は世界有数の難しさほ誇っており、全てを習得するのにはかなりの時間がかかるでしょう。

ヘラジカが生息する土地でもあり、個人的には今行きたい国NO.1の国です。

15.スウェーデン語

photo by shutterstock

こんにちわ → God dag グダー

ありがとう → Tack タツク

さようなら → Hej då ヘイダ

はい・いいえ → Ja ヤー・Nej ネイ

スウェーデン語の発音は、まるで歌っているように聞こえる言語だと言われています。その秘密は音階をたどるような高低アクセントというものから来ています。

人との会話が歌っているように聞こえるなんてとっても素敵ですよね。街中から始まるミュージカルみたいな、まるで映画のようなワンシーンを期待してしまいますね。

16.デンマーク語

photo by shutterstock

こんにちわ → God dag グデー

ありがとう → Tak タク

さようなら → Farvel ファヴェル

はい・いいえ → Ja ヤ・Nej ナイ

デンマークといえばコペンハーゲンですよね。街の中に、歴史的建造物や古い街並みが多いので、歩くだけでまるでタイムスリップしたかのような感覚を味わえます。

意外と知られていないデンマークは、フォトジェニックな場所が多いので、みんなと違うそういった場所に行きたい方にはかなりオススメの国ですよ。

17.ノルウェー語

photo by shutterstock

こんにちわ → God dag グダーグ

ありがとう → Takk タック

さようなら → Ha det ハーデ

はい・いいえ → Ja ヤー・Nei ナイ

ノルウェーといえばなんでしょう!筆者的にはフィヨルドです!フィヨルド各地にありますが、ノルウェーにあるソグネフィヨルドは世界でも有数のフィヨルドなんです!自然が織りなす絶景の中でも、地球の始まりを感じられるよなフィヨルドは格別です!

 

最後に

photo by shutterstock

いかかでしたか?正直な話筆者も、こんなにたくさん覚えられるか!って思います。そんな時は、また何回でもこの記事を見て思いだし、紹介した中でも、これからいく国の言語や、覚えておきたいものだけ選んでいきましょう。

ライター

千葉県出身。将棋と筋肉とダイビングと宴を好むシャーロキアン。16年続けたダンスから離れ、何をしていいかわからないから旅を始めた。2018年3月より、「コンセプトがないのがコンセプトの世界一周へ」

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング