その他

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

ピンクモスク(マレーシア)

Sunset over Putrajaya Mosque, Kuala Lumpurphoto by pixta

pixta_17419707_Sphoto by pixta
マレーシア・クアラルンプールから車で40分ほど離れた、プトラジャヤという場所にあるピンクモスク。正式名称はプトラ・モスクといい、バラ色がかった花崗岩を使用して建設されています。そのため、全てがピンク色で「可愛い」と女子に大人気だそう。

ピンクモスクのすぐ横にある湖では、モスク全体を見渡せるクルーズも楽しめるそう。湖の上から見るモスクも、風情があって良いですね。

ローズモスク(イラン)

11993910736_c4c83f5b27_kphoto by Joan Simon

イランのマスジェデ・ナスィーロル・モスクphoto by shutterstock
シャーチェラーグモスクと同様、ローズモスク(正式名称「マスジェデ・ナスィーロル・モスク」)もイランのシーラーズにあります。このローズモスクの最大の特徴は、何といってもステンドグラス。

外から光が注ぐと、カラフルなステンドグラスが緻密なデザインのペルシャ絨毯に反射し、息を呑むような光景を作り出します。

この写真のような光景を見るためには、朝早くにモスクを訪れなければいけません。日が昇ってしまうと、ステンドグラスの反射が少なくなってしまいます。オススメの時間は、朝8時〜10時までです。

クリスタルモスク(マレーシア)

Mosquephoto by pixta

マレーシアのクリスタルモスクphoto by shutterstock
マレーシアの半島部東海岸にあるクアラトレンガヌは、イスラム文化を色濃く残す町です。その町の中心部からタクシーで15分ほどの場所に、クリスタルモスクはあります。

2008年に完成した新しいモスクで、ドームやミナレットの部分にスチールやガラスが使われています。そのため、太陽の光を浴びると黄金色にキラキラと光っているように見えます。

また夜になるとその部分が透明になり、中の光を受けて自ら光り輝きます。さらにその新しさもあってか、内部にはお土産屋さんやレストランなどがあり、無線LANも繋がっているというから驚き!最新のモスクと言えるかもしれませんね。

モスクの魅力に触れてみよう

いかがでしたでしょうか?どのモスクも壮大で神秘的な魅力を放っています。世界中の人を魅了してやまない美しいモスク、次回の休暇には、ぜひ訪れてみてください。

その他

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング