未知との遭遇!世界で未確認生物・UMAに会えるかもしれないスポット9選

Pocket はてブ

 

5.イエティ(ヒマラヤ山脈)

7455498072_f3c8109c05_b

Photo by tolomea

 日本でもかなり著名な雪男。現地では「イエティ」と呼ばれています。ヒマラヤ山脈のシェルパたちにとってはイエティは「悪さをした人間に罰を与える存在」であり、畏れられています。

 

6.シーサーペント(ニュージーランド沖)

ニュージーランド沖で鮮明なカラー写真が撮られて話題となったシーサーペント。日本の漁船が引き上げたいわゆる「ニューネッシー」も、シーサーペントとして扱われることが多くなっています。シーサーペントの正体としてはウバザメであるという説が有力視されていますね。

 

7.南極ゴジラ(南極大陸)

imasia_15468866_M

photo by pixta.jp 

日本の南極観測船「宗谷」の船長が目撃したというUMAが、南極ゴジラです。頭の長さだけで70メートルから80メートルもある巨大な黒光りする生物を目撃したという船長の話から存在が発覚した南極ゴジラ。船長はベテランであることも、見間違い説を否定するものとなっています。

 

8.ビッグフッド(ロッキー山脈)

10894355103_060f533cf3_b

Photo by Anosmia

UMAの中でも有名な部類に入るビッグフッドは、アメリカからカナダにかけてのロッキー山脈で目撃証言が多数上がっています。新種のサルであるという説、原人の生き残りであるという説など様々な説がありますね。ビッグフッドの姿を映したカラーフィルム「パターソン・ギムリン・フィル」は捏造説が叫ばれていますが、果たしてビッグフッドは本当に居るのでしょうか。

 

9.イッシー(日本・鹿児島県)

Issie

photo by commons.wikimedia.org

日本を代表するUMAといえばカッパや天狗、ツチノコですが、鹿児島県の池田湖で目撃されたイッシーも忘れてはいけません。イッシーは恐竜の生き残りと考えられており、これまでに映像をおさめられたこともあります。池田湖には巨大ウナギが生息しているので、その見間違いであるという説も根強いですね。

 

 まとめ

いかがでしたか。最近ではCG技術の発達もあって、巧妙な偽物の映像がネット上に投稿されることもあるなど、UMAの真偽は以前にも増して五里霧中といった状態になっています。真贋はともかく、なんともロマンあふれるUMAたち。ぜひともこの目で一度見てみたいものです。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

TABIPPO.NET編集部
若者が旅する文化を創る!
全員が世界一周を経験したメンバーで学生時代に作った団体が、設立から4年経ち、2014年4月10日に株式会社となる。「旅で世界を、もっと素敵に」を理念として、従業員15名、全国400名の学生スタッフ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

博物館

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品