ライター
ワクワク追求夫婦 旅と日常の文筆家/南の島研究家

「旅と日常の文筆家」「南の島研究家」として、フリーランスとしてライティング中心に仕事をしております。 経歴をザクッと書くと、中学校の先生→夫婦で世界一周→旅するフリーランスとなりました。 「ワクワクに素直に生きる」がモットーです顔が南の島っぽいです。ライティングのお仕事受け付けております。詳しいことは、ホームページからご確認くださいませ。

「現地の人に間違われる旅」の準備から実践まで

photo by photo-ac

さて、僕の旅の報告はここまでにして皆さんにも「現地の人に間違われる旅」をしてもらうために、その方法を簡単にご紹介しておきます。今までなかった旅の提案。今後この記事が新たな旅の教科書になることは間違いなしです。

 

準備編

photo by cmor15

まずは、出発前の準備から。

①ワールドワイドな顔に産まれる
②出来るだけ日焼けしておく

 

たったこれだけです。なんて簡単なんでしょう。これだけの準備で新たな旅ができるなんて、やらないわけにいきませんね。

 

実践編

photo by teriyaki

現地に出て気をつけることはたった1つだけ。「おどおどしないこと」です。いかにもこの場所に長くいるぞって雰囲気を醸し出せるように心がけましょう。

ただし、横柄な態度は厳禁です。あくまで謙虚に。そうしないと現地の人は相手にしてくれません。

 

さぁ、新しい旅に出よう!!

photo by teriyaki

今回は、僕から新たな旅のテーマ「現地の人に間違われながら旅をする」を提案させていただきましたが、いかがだったでしょうか?ぜひ、皆さんもローカルに間違われながら旅をして、より旅も顔も濃いものにしていってみてくださいね。

 

世界は素敵な人で溢れている

photo by teriyaki

と言いたいところですが、この旅が可能か不可能かは個人差がありましたね。ただ、別に現地の人に間違われなくてもローカルの人と関わるのは本当に楽しいし、やっぱりそれは旅の1つの大きな醍醐味です。

世界には優しくて素敵な人がたくさんいます。僕自身旅中にローカルに優しくしてもらったり、世界のいろんな国に友達ができたりという経験が、この旅1番の思い出です。

 

ぜひ皆さんも、現地の人と楽しく関わりながら旅をしてみてください。それだけで、楽しさも、その国への想いもグッと高まりますよ。

 

追記 現在地メキシコにて

photo by teriyaki

ちなみに、この記事を書いているのはメキシコ。メキシコでは現地顔認定をいただきました。以上、報告でした。

ライター
ワクワク追求夫婦 旅と日常の文筆家/南の島研究家

「旅と日常の文筆家」「南の島研究家」として、フリーランスとしてライティング中心に仕事をしております。 経歴をザクッと書くと、中学校の先生→夫婦で世界一周→旅するフリーランスとなりました。 「ワクワクに素直に生きる」がモットーです顔が南の島っぽいです。ライティングのお仕事受け付けております。詳しいことは、ホームページからご確認くださいませ。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング